フリーワード検索

baseball2018.12.27

2018年の人気記事ランキング【野球編】

2018年も話題盛りだくさんだったスポーツ界。アルペングループマガジンでも今年を振り返る意味で、各カテゴリごとによく読んで頂いた記事のランキングを紹介します。本日は「野球カテゴリー」でよく読んで頂いた記事のランキングをご紹介。

 

第1位:
多村仁志(元ベイスターズ、ソフトバンク、中日)が語る 走攻守を支えた道具へのこだわり

現役時代は球界を代表する長距離打者として活躍され、現在はデータを駆使したわかりやすい解説で人気を博している多村仁志さん。 今回は、多村さんが選手時代に使用されていた野球用品へのこだわりや、プレーの秘訣についてお伺いしました。...

記事の続きはこちら

 

第2位:
村田修一と岩村明憲が、侍ジャパンの思い出を語る「TOKYO MEET UP SPORTS 2018」イベントレポート

2018年11月3日、東京の六本木ヒルズアリーナで開催されたイベント「TOKYO MEET UP SPORTS 2018」に 、今季引退を表明した元プロ野球選手の村田修一さん(37)と福島ホープスの監督岩村明憲さん(39)が来場。トークショーの模様を取材した。...

記事の続きはこちら

 

第3位:
ミズノ野球用品企画担当者に訊く、新軟式「J号球」対応のグラブとバットのすべて【インタビュー前編】

今年から、軟式野球のボールが変わることをご存知だろうか。全日本軟式野球連盟が2016年12月にボールの新規格を発表し、2018年から小学生用の「C号球」が「J号球」へと変更される。まだ発売されてはいないが、11月はじめには店頭に並ぶ予定だ。
ボールがJ号球に変わることでどうなるのかというと、C号球より硬くなり、多少重みも増す。したがって、よりパワーが求められるようになり、軟式プレーヤーはしっかりとしたトレーニングが必要になってくるだろう。...

記事の続きはこちら

 

第4位:
山田哲人とアンドリュー・ジョーンズの“夢のタッグ”が実現!野球の新競技で豪快打撃披露【Red Bull Batting Maniaイベントレポート】

12月1日、ベースボール・バッティングコンペディション大会『Red Bull Batting Mania Japan Final(レッドブル・バッティングマニア・ジャパンファイナル)』が明治神宮外苑の室内競技場で開催された。
スペシャルゲストチームとして、東京ヤクルトスワローズの山田哲人と元東北楽天ゴールデンイーグルスのアンドリュー・ジョーンズが参加。トーナメントを勝ち上がったチームが、現役プロ野球選手にバッティングセンターで“ガチンコ対決”。...

記事の続きはこちら

 

第5位:
三浦将明(元中日ドラゴンズ) 野球のつながりが織りなす“人生劇場”「幸せな空間だった、時代のスターたちと投げ合えた高校時代」【インタビュー前編】

2018年夏、記念すべき第100回目を迎えた全国高校野球選手権大会。 通称“夏の甲子園“。毎年、数々のドラマを見せてくれる同大会だが、高校野球人気が絶頂を迎えていた1980年代前半。甲子園には毎年のようにスター投手が出現し、見ている者の胸を熱くした。
今回は、そんな時代を築いた一人の投手を紹介する。横浜商業のエースとして、春夏3度の甲子園出場に導いた、三浦将明氏だ。...

記事の続きはこちら

 

「野球カテゴリー」のランキングいかがでしたでしょうか?明日は「アウトドアカテゴリー」のランキングをご紹介します。お楽しみに。

BUY NOW

RANKING ランキング


SEARCH フリーワード検索