フリーワード検索

football2019.07.17

イニエスタとアシックスが共同開発したスパイク発表会をレポート。一体感を絶賛。

世界最高クラスのフットボール・アーティストが、日本の高い技術力とコラボレーションをした。サッカーJ1リーグ・ヴィッセル神戸所属の元スペイン代表アンドレス・イニエスタが、契約を結ぶアシックスとスパイクシューズを共同開発したのだ。

7月15日の記者会見で発表された初のシグネチャーモデルは、『ULTREZZA AI(ウルトレッツァ エーアイ)』と名付けられた。スペイン語で「究極」を意味する「ULTIMO」と、「技巧」や「スキル」を指す「DESTREZA」を組み合わせたもので、「AI」はイニエスタのイニシャルだ。

コンセプトには「360°空間と瞬間を支配する」ことが掲げられ、イニエスタとの意見交換から4つの特別な機能が搭載された。

ひとつ目は「X Guidance(エックスガイダンス)」だ。靴底前部に配されるX状の屈曲溝により、足の動きに沿って曲がりやすく、グラウンドをしっかりと捕らえることができる。安定した状態での多方向へのステップやターン、素早いダッシュを実現する。

ふたつ目は「TORQUE TRUSS(トルクトラス)」だ。独自形状の樹脂製補強具が靴底の中足部の剛性を保ちながら、内側と外側への体重移動をスムーズにし、パワーロスを防ぎながら細やかな足さばきを可能にする。

かかとには三つ目の機能として、「5mm Heel Gradient(5ミリヒールグラディエント)」が搭載されている。つま先部分よりかかとを5ミリ高く設計することで、自然な前重心をサポートする。また、軽量でクッション性に優れるアシックスの独自開発素材「fuzeGEL(フューズゲル)」を内蔵することで、足や腰への負担を軽減する。

アッパー(甲被)には前部に足馴染みのいい天然皮革を、中部に伸縮性に優れたメッシュ材とフォーム材を使用し、ホールド性と柔軟性を両立している。アッパーの内張りには低密度かつ低硬度なスポンジを全面に配置し、柔らかな足あたりとフィット感の向上を生み出している。これが、「Soft Upper Lining(ソフトアッパーライニング)と呼ばれる4つ目の機能だ。



自らのシグネチャーモデルと対面したイニエスタは、「今日こうして新しいスパイクを発表できることを、とても喜んでいます。数か月にわたって準備をしてきましたが、アシックスの担当者の皆さんは自分の意見に耳を傾けてくれ、いかにいいものを作るのかを追求してくれました。その姿勢に感激しました」と、穏やかな笑みを浮かべた。

スパイクへのこだわりはシンプルだ。だからこそ製品への繁栄は難しいとも言えるが、その出来栄えにイニエスタは納得の表情を浮かべる。

「スパイクで一番重要にしているのは、自分の身体の一部であるかのように感じられる履き心地です。足と一体になって快適で心地良く、パスを受けるための動き出しやクイックな方向転換など、どんな動きにおいても扱いやすいと感じることです。今回もプレーに集中できるものをお願いしましたが、アシックスは私のプレースタイルを研究し、それに基づいて開発をしてくれました」

自らのプレースタイルについて、改めて聞いてみる。「人によって色々な意見はあるでしょうが」とイニエスタは前置きしたが、その言葉はピッチ上でのパフォーマンスを忠実に再現する。

「自分たちでボールを保持してプレーするのが好きで、ボールを失わないように心がける。そのうえで、チームメイトとのコンビネーションでボールを展開したり、スペースを生み出したりすることが自分のプレースタイルだと思っています」

優れたスパイクシューズには共通点があると、イニエスタはいう。

「これまでのキャリアのなかで、たくさんのスパイクを履いてきました。本当にいいシューズは、初めて履いたときの感触が違います。このシューズは自分に合う、履き心地が素晴らしくてシューズと一体になっている、という感覚を得られるものです。『ウルトレッツァ エーアイ』を初めて履いたときに、まさにそう感じました。自分に合う、自分のためのシューズだ、と。フィット感と安定感、足を保護すること、そこから私のプレーを最大化するシューズを作ってくれました。非常に完成度の高いシューズができました」



アッパーには鮮やかなイエローが採用された。オレンジとのグラデーションがアクセントとなるかかと部分では、シグネチャーモデルのロゴが存在感を発揮している。

デザインについて聞かれたイニエスタは、「ムイ・ボニータ」と即答した。「美しくて目を引きますね」と笑みをこぼす。

続けて、「このシューズが他のシューズと違うのは、履き心地などを含めた目に見えないところにあります。デザインも含めていいシューズができました」と付け加える。完成度に対する満足感の高さが、その言葉には溢れている。

イニエスタのエッセンスが詰まった『ウルトレッツァ エーアイ』は、7月28日から日本を含めた全世界で同時発売される予定だ。一部店舗では7月15日から、先行予約が開始されている。メーカー希望小売価格は20,000円+税となっている。

イニエスタ自身は、7月20日の明治安田生命J1リーグ、対横浜F・マリノス戦から着用する。

「プレーをしているときにシューズのことを考えることがなく、軽やかにステップやターンができる。インサイドでもアウトサイドでも蹴りやすい。サッカーを楽しめる意味でも素晴らしいシューズで、このシューズの力を借りて自分のプレーをさらに磨いていいきたいですね」

そう語るイニエスタは、「子どもからプロの選手まで、誰にでもおすすめできる」と言葉に力を込める。世界が認めるフットボーラーを支える一足が、いま、あなたのものに──。

BUY NOW

RANKING ランキング


SEARCH フリーワード検索