フリーワード検索

other2022.11.25

リバウンドしないダイエット法とは? リバウンドの原因や習慣化したいポイントを解説

ダイエット成功後に、体重が元に戻ったり増えたりする「リバウンド」を経験したことがある方もいらっしゃるはずです。運動や食事制限を頑張っても、すぐにリバウンドしてしまうと心身ともに負担がかかってしまいます。
では、どのようなダイエットを行えばリバウンドを避けることができるのでしょうか。ここでは、リバウンドしてしまう原因や、リバウンドを防ぐためのポイントをご紹介します。

 

【目次】

■リバウンドしてしまう原因

・極端なダイエットを行っている

・痩せた後に生活習慣を戻している

■リバウンドしないためのポイント

・無理のない範囲でダイエットを継続する

・しっかり食事を食べる

・しっかり眠る

・ストレスを溜めない

■リバウンドを防ぐために習慣化したいこと

・食べる順番や栄養バランスを考える

・隙間時間に運動を取り入れる

■リバウンド防止にはアルペンビヨンドプログラムもおすすめ

 

■リバウンドしてしまう原因

リバウンドしてしまう原因

 

リバウンドが起こる理由を知らないと、何度ダイエットを行ってもすぐに体重が元通りになってしまう可能性があります。ダイエットを成功させるためには、リバウンドしてしまう原因を知っておくことが大切です。
リバウンドの主な原因としては、大きく2つ考えられます。

 

・極端なダイエットを行っている

食べる量を極端に減らしている、「○○を食べるだけダイエット」や「○○制限ダイエット」で偏った食材しか食べないなど、極端な食事制限はリバウンドの原因のひとつです。

1日1食など過度な食事制限を行うと、一時的には体重は落ちるかもしれませんが、体が飢餓状態になって脂肪を蓄えようとするため、リバウンドしやすい状態になります。極端な食事制限によるストレスなどで暴飲暴食してしまうと、簡単に太ってしまうのです。
また、食事制限により体に必要なエネルギーが不足すると、筋肉がエネルギーとして消費されてしまいます。筋肉量が減ると代謝も落ちてしまうため、痩せにくい体になってしまう点も、極端な食事制限のデメリットです。

 

・痩せた後に生活習慣を戻している

目標の体重や体脂肪までダイエットを行った後に、生活習慣を元に戻してしまうのもリバウンドの原因として考えられます。ダイエットが成功しても、食事制限や運動を止めて摂取カロリーや消費カロリーがダイエット前の状態になってしまえば、減量した体重も自ずと元に戻ってしまいます。

特に、短期間で体重を落とそうと厳しい食事制限や運動を行うと、ダイエット後に同じ生活を続けるのは難しいはずです。結果として食事制限や運動が適当になり、リバウンドにつながってしまいます。

また、ダイエットをしていて短期間で体重を落とすと、何をしても体重がほとんど変わらない停滞期が訪れます。この時期に効果が見られないからとダイエットを諦めてしまうのも、リバウンドしやすいため注意が必要です。

 

■リバウンドしないためのポイント

リバウンドしないためのポイント

 

リバウンドを防ぐためには、ポイントを踏まえてダイエットに取り組むことが大切です。
ダイエット中に意識したいポイントを、事前に確認しておきましょう。

 

・無理のない範囲でダイエットを継続する

前述の通り、ダイエットで一時的に体重を落とせても、目標に達して生活習慣を戻すとリバウンドの可能性が高くなります。ダイエット後も、食事管理や運動は継続することが大切です。

短期間で痩せようと無理な方法でダイエットを行うのではなく、無理なく長期間続けやすい食事制限や運動を取り入れることを意識しましょう。
食事制限や運動を習慣化できれば、リバウンドしにくくなります。

 

・しっかり食事を食べる

食事をしっかり食べることも大切です。過度な食事制限で栄養バランスが乱れると、リバウンドしやすいだけでなく、体調を崩してしまう恐れもあります。
特定の食材だけを食べる、1日1食といった過度な食事制限は避け、バランスの良い食事を1日3食しっかり摂ることを心がけましょう。

ただし、好きなものを好きなだけ食べて良いという訳ではありません。摂取カロリーが消費カロリーを上回らないように注意しながら、糖質や脂質の摂り過ぎにも気を配る必要があります。

 

・しっかり眠る

食事と同様に、睡眠をしっかり取ることも大切です。睡眠不足になると食欲が抑えられず、過食につながりやすいとされています。寝不足で集中力が続かず、つい甘いものに手を出してしまうこともあるでしょう。

また、睡眠不足はストレスや体調不良にもつながります。就寝前はスマホを見るのを止める、夜になったらカフェインの摂取は控えるなど、睡眠の質を高めることも、リバウンドを避けるためのコツです。

 

・ストレスを溜めない

ダイエット中は、食事制限で好きなものがなかなか食べられない、嫌いな運動をしなければいけないなど、何かとストレスを感じやすいはずです。ストレスが溜まると過食の原因になることも考えられます。極力ストレスを溜めないように注意しましょう。

好きな音楽を聴く、体を動かす、湯船にゆっくり浸かる、大声で歌うなど、食事以外で簡単にストレスを解消する方法を作っておくことをおすすめします。
また、食事制限などを気にせず好きなモノを食べる「チートデイ」を設けてモチベーションを維持するのも効果的です。

 

■リバウンドを防ぐために習慣化したいこと

上記のコツを踏まえていても、食生活や運動習慣次第ではリバウンドにつながる恐れがあります。リバウンドを防ぐために習慣化したい、食生活と運動のポイントをそれぞれご紹介します。

 

・食べる順番や栄養バランスを考える

毎日の食事では、栄養バランスが良い食事を摂るのが基本です。筋肉を作るのに必要なタンパク質をはじめ、食物繊維やビタミン、ミネラル、脂質、炭水化物(糖質)などをバランス良く摂ることを心がけましょう。

また、食べる順番も重要なポイントです。基本的には、野菜や海藻類といった食物繊維を含む食材を最初に食べ、肉や魚といったタンパク質、白米やパンといった炭水化物の順に食べる、ベジファーストを意識することをおすすめします。
この時、かきこむように急いで食べるのではなく、ゆっくり良く噛んで食べることも重要です。良く噛むことで満腹中枢が刺激されるので、満足感を得やすくなるとされています。

 

・隙間時間に運動を取り入れる

リバウンドを防ぐためには、食事に気を付けるだけでなく、日常生活に運動習慣を取り入れることも大切です。負荷の高い運動ではなく、簡単に体を動かすだけでも問題ありません。

運動するまとまった時間が取れない場合は、隙間時間で体を動かすことを心がけましょう。電車で帰宅する際1駅分歩く、電車で移動中につま先立ちで足の筋トレを行う、自宅でテレビやスマホを見ながらできるストレッチやエクササイズを行うなど、意識すれば日常生活でもちょっとした運動は行えます。

他にも、休みの日にウォーキングやジョギングを行うのもおすすめです。体を動かすことで、ストレスの解消にもつながります。
無理せずに自分が続けやすい範囲から始めれば、運動を習慣化しやすくなるでしょう。

 

■リバウンド防止にはアルペンビヨンドプログラムもおすすめ

過度な食事制限をしている、生活習慣を見直していないなど、間違ったダイエット方法だとリバウンドしてしまう恐れがあります。食事や運動といった生活習慣を見直し、無理なくダイエットを継続することが、リバウンドを防ぐためのポイントです。

運動がどうしても習慣化できないという方は、オンラインフィットネス、アルペンビヨンドプログラムを活用するのがおすすめです。
スマホで見られる動画を活用して、誰でも気軽に運動を始めることができます。目的やレベルごとにさまざまな動画を用意しているので、運動が苦手な方でも安心です。
リバウンドを防ぎたい方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

⇒痩せるきっかけが欲しい人の超簡単トレーニング

 

アルペンビヨンドプログラム

BUY NOW

SEARCH フリーワード検索