フリーワード検索

baseball2020.04.30

ティモンディ(野球芸人)が語る、お笑いの道に進んだ理由とは「サンドウィッチマンさんのようになりたい」【インタビュー後編】

[ 前編はこちら ]

高校野球の名門、済美高校(愛媛県)出身の同級生お笑いコンビ「ティモンディ(グレープカンパニー所属)」。高岸宏行(27歳)の独特な口調から繰り出す大胆なギャグに対して、冷静沈着な突っ込みで返す相方の前田裕太(27歳)。2人が出演するYouTube「ティモンディ ベースボールTV」の人気は凄まじく、野球芸人として大注目を浴びている。ティモンディの2人は、国民的人気を博すサンドウィッチマンに憧れて、お笑いの道に進んだという。



――高校卒業後、高岸さんは東洋大学へ、前田さんは駒澤大学へ進学しましたね。

前田:高岸はプロ野球チームから声がかっていたのですが、それを断って大学へ行きました。僕は勉強で大学へ行き、法律を勉強していましたね。

――当時、2人で連絡を取り合っていたのですか?

前田:高岸と頻繁に会っていましたね。



――そして大学卒業後、2人はコンビを組んでお笑いの道に進みました。なぜですか?

前田:高岸と「大学卒業後に何をするか」という話をして、お笑いの道に行くことを決めました。当時、1番影響を受けた芸人さんが、サンドウィッチマンさんでした。

高岸:そうですね。ずっと、「野球でお世話になった方々に恩返しをしたい」と思っていました。これから何をするべきかと考えた時に、「サンドウィッチマンさんのようになりたい」と思い、僕と1番仲良くて僕を1番助けてくれた前田に、「お笑いを一緒にやろう」とお願いをしました。

前田:高岸から「皆に勇気と元気を与えていく、アンパンマンになりたい」的な雰囲気で言われましたよね(笑)。憧れのサンドウィッチマンさんがいる事務所グレープカンパニーのオーディションを受けて合格し、今に至ります。ですが、事務所に入った頃は、右も左も分からない状態でしたね。

高岸:最初からサンドウィッチマンさんや皆さんに、面倒を見ていただきました。サンドウィッチマンさんの全国ツアーに帯同させていただきまして、サンドウィッチマンさんが皆さんに勇気と感動を与えていく姿を見て、何度も「頑張ろう」と思うことができました。「本当に素晴らしい事務所に入れて良かった」と思っています。



――ティモンディさんのYouTube「ティモンディ ベースボールTV」は大人気ですね。高岸さんの豪快なピッチングにバッティング。前田さんのシャープなピッチングにバッティング。お笑いでは、高岸さんの豪快なボケに対して、前田さんがシャープな突っ込みをする。2人の野球のプレーが、まさに芸にも通じているのではないかと思います。

高岸・前田:いえいえ!

前田:我々は明らかに実力不足ですし、唯一勝てるのはフィジカルだと思ってやっています。お笑い芸人としては、野球部に入部した初日の1年生くらいの感覚です。

――今でもですか?

高岸:もちろんです。

前田:そういう意味では、「これから背番号をもらって試合に出ていくぞ」という気持ちが強いですね。それゆえ、「僕らの良さはこれです」というのは全然ないですね。

高岸:僕も、そうなります。まだまだです。誰の足下にも及ばない実力ですからね。もっと皆さんを応援できるようにベストを尽くすだけです。



――フィジカルという話が出ましたが、かなりトレーニングをしているのですか?

前田:高岸は毎朝公園でトレーニングしているよね?

高岸:短ダッシュとジャンプとフットワークを。

前田:どれくらい続けているの?

高岸:膝を手術してからなので、2年半ですね。

前田:ちょっと名物おじさん化しているのですよ。

高岸:お陰様で子供達が集まってきますね。

――新型コロナウィルスの影響で、野球の試合と練習から離れている部活生等のプレーヤーが沢山います。室内でできるお勧めのトレーニングを教えてください。

前田:高岸は普段広くない場所で何をトレーニングしているの?

高岸:僕自身、自宅待機が多くなり、今までストレッチをあまりやってこなかったということに気付きました。日々の練習でストレッチや体幹トレーニングを見落としてきた人が多いと思うので、今だからこそパフォーマンスを上げるためにやってほしいですよね。

前田:ジャンプもやるよね?

高岸:ジャンプも全身運動。天井さえ突き破らなければいいですからね。

前田:頭が届く家はあまりないだろ(笑)。



――前田さんは何かやっていますか?

前田:僕自身は何もやらないですね。ただ、野球は頭を使うスポーツなので、自分のプレーやトレーニングを見直す良い機会なのだと思います。

――新型コロナウィルスの影響で野球を思いっきりやりたくてもやれない人たちも多くいると思います。そんな方々にメッセージをお願いします。

高岸:今は野球をできないと思いますが、どのような時でも自分ができるベストを尽くしていけば成長できると思います。皆さん前を向いて楽しくやっていってください。みんなであれば、やれば、できる!

前田:ほぼ全部言われましたね。野球をできないのは皆一緒なので、今できることを応援したいと思います。



――ティモンディさんにとって野球とは何になりますか?

高岸:野球とは?僕は、夢ですかね。野球を始めてから夢を持つことで頑張ることができました。今は野球を引退しましたが、全てが夢だと思います。

前田:同じようなものですね。僕の場合は野球が人格形成に影響を与えてくれたので、野球は人を作るものだと思います。高岸みたいに夢を追いかけて、同級生を大事にしようと思えたのも野球がきっかけですからね。

――最後に、ティモンディさんにとってお笑いとは何になりますか?

高岸:お笑い?お笑いは。はい。お笑いは、どんな時でもみんなを前向きにさせることができるスポーツです。

――スポーツですか?

前田:そういう反応になりますよね(笑)。

――素晴らしですね(笑)。

前田:素晴らしいですか(笑)?

――初めて聞いたので、衝撃を受けました(笑)。前田さんにとってお笑いとは何になりますか?

前田:僕らはプロ野球選手になることはできませんでした。「高校時代に成し遂げられなかったことを、お笑いを通じてやりたい」と思いますね。お笑いとは、僕にとって第2の野球となりますね。

――スポーツに、第2の野球。素晴らしい例えですね。ありがとうございました!

高岸・前田:ありがとうございました!


BUY NOW

RANKING ランキング


SEARCH フリーワード検索