フリーワード検索

running2019.06.06

ADIZERO BOSTON 8(アディゼロ ボストン 8)、6月6日発売

1秒でも早いベストタイムを目指して走る日本人ランナー向けモデルの「ADIZEROシリーズ」より、前モデルを改良した『ADIZERO BOSTON 8(アディゼロ ボストン 8)』が6月6日に発売。

『ADIZERO BOSTON 8』は、エネルギーロスを抑える「ズレ軽減フィット構造」で最後の一歩までフィットする、トレーニングにもレーシングにも役立つ万能モデル。また今回、メインビジュアルには青山学院大学 陸上競技部の選手を起用。


■ADIZERO BOSTON 8(アディゼロ ボストン 8)の特徴
ADIZERO BOSTON 8はスピードと距離、この重要な要素を第一に考えて設計した軽量ランニングシューズ。ヒールと中足部をしっかり固定させるソールに透湿性に優れたメッシュアッパーを合わせ、安定感のある作りに仕上げた。反発力を生み出すクッショニングと柔軟なアウトソールが、スムーズかつパワフルな走りを後押します。


重量:244g (27cm 片足重量)
ミッドソールドロップ:10 mm (ヒール:29 mm / 前足部:19 mm)

 

■『ADIZERO BOSTON 8』機能紹介
アッパー:<ズレ軽減フィット構造のエンジニアードメッシュ&S字カット>
甲の外側から内側にかけてS字形状で入ったステッチ部分は、シューズ内のズレ軽減に貢献し、エネルギーロスを抑えます。通気性が高いメッシュは軽量でありながら、負荷のかかる箇所は内部から補強。
 
ミッドソール:<BOOST(TM)フォーム&エナジーレイル>
クッション性と反発性に優れたBOOST(TM)フォームの上に、前モデルより増量した軽量なEVAフォームを重ねたエナジーレイルによって、クッショニングが向上。エネルギーロスを抑え、安定感のある走りをサポート。
 
ミッドソール:<トルションシステム>
ミッドソールに組み込まれ、前足部まで伸びたトルションシステムは、着地から蹴り出しまでをサポート。スムーズな重心移動を可能にする。
 
アウトソール:〈コンチネンタルストレッチウェブ〉
コンチネンタル社のグリップ性に優れたアウトソールが、微細なロスをも軽減。
 
〈マイクロフィットトレーニングラスト〉
足の付け根からつま先にかけて適度なゆとりを持たせ、長時間の着用でも快適なフィット感を実現。


■カラーバリエーション



■スペシャルムービー
青山学院大学 陸上競技部の選手が出演するスペシャルムービーを公開中!


■ADIZERO BOSTON 8を履いてベルリンマラソンで自己ベストを狙おう!「SPEED SQUAD」メンバー募集!!

-詳細は上記バナーをクリック-


アディダス ADIZERO BOSTON 8は全国のスポーツデポ、アルペン、 アルペングループ公式オンラインストア でも6月6日以降、順次取り扱いを開始。
※一部店舗でお取扱いの無い場合がございます。予めご了承ください。

BUY NOW

RANKING ランキング


SEARCH フリーワード検索