フリーワード検索

outdoor2020.04.10

アウトドアリュックは普段使いにも便利! 選び方のコツやおすすめリュックをご紹介

リュックサック(バックパック)は、登山やハイキングなどアウトドアシーンでの使用をメインに作られているため、機能性が高く便利です。また、近年はおしゃれなデザインの製品も増えており、タウンユースをはじめ普段使いでアウトドアリュックを使用する方も増えてきています。

しかし、機能性が高いからこそ、どの製品を選べば良いのか分かりづらくもあります。そこで今回は、アウトドアリュックの魅力や選び方、男女別におすすめのリュックをご紹介します。

 

【目次】

■アウトドアリュックの魅力

・耐久性や防水性に優れている

・機能性が高い

・長時間背負っていても疲れにくい

■アウトドアリュックの選び方

・リュックの容量を確認する

・防水性能

・ポケットやファスナーの位置

・体にフィットするか

・タウンユースの場合はデザインも確認

■メンズにおすすめのアウトドアリュック

・ノースフェイス Pivoter 27L (NM71853 TB) トレッキング バックパック : ツイルベージュ THE NORTH FACE

・ミレー KULA 20 20L (MIS0623 4048) トレッキング バックパック : SMOKED PEARL MILLET

■レディースにおすすめのアウトドアリュック

・ミレー SAAS FEE 30+5 LD (30+5L) (MIS0641 7810) トレッキング バックパック : VELVET RED MILLET

・ケルティ GIRLS DAYPACK SP 15L (AD0002) レディース トレッキング バックパック : Navy KELTY

■キッズモデルのアウトドアリュック

・ケルティ CHILD DAYPACK2.0 11L (2592124) ジュニア(キッズ・子供) トレッキング バックパック : Multi B KELTY

・ノースフェイス ラウンディ キッズ 22L ブラック (NMJ71801 KK) ジュニア 子供 トレッキング バックパック THE NORTH FACE

■お気に入りのアウトドアリュックを見つけよう

 

■アウトドアリュックの魅力

アウトドアリュックの魅力

 

アウトドアリュックには、具体的にどのような魅力があるのでしょうか。一般的なリュックや普段よく使うバッグと異なる点をご紹介します。

 

・耐久性や防水性に優れている

アウトドアリュックは重い荷物を入れて長時間持ち運ぶうえ、木の枝や岩で擦れることも多いアウトドアシーンでも問題なく使えなければいけません。そのため、一般的なリュックと比べて耐久性に優れた素材で作られているものがほとんどです。

また、特に山間部は天気が変わりやすく、突然の雷雨でリュックが濡れてしまうことも考えられます。そのような環境下でも中の荷物を守れるよう、防水性にも配慮されていることが多いので、万が一傘を忘れたり、ふとした拍子にバッグを濡らしたりした際にも安心です。

 

・機能性が高い

アウトドアリュックは、リュックを背負ったままでも中の荷物を取り出せるものやリュックの下に埋もれている荷物を取り出しやすいもの、ドリンクポケットが搭載されているものなど、利便性が高いものが多いです。

また、背面がメッシュ素材で背中の蒸れを軽減し、長時間背負っていても不快感を覚えにくいなど、普段使いの製品と比較して機能面でも優れています。

 

・長時間背負っていても疲れにくい

アウトドアリュックが用途として想定している登山やハイキングは、飲み物やレインウェア、場合によってはテントなど、重い荷物を長時間背負って歩くことになるアクティビティです。

そのため、背負いやすい形状のショルダーハーネスや、荷物の重みを肩以外にも分散するウェストベルト、背中全体で荷物を支えられる背面など、長い時間の使用でも疲れにくいように設計されています。

 

■アウトドアリュックの選び方

アウトドアリュックの選び方

 

多くの魅力があるアウトドアリュックですが、便利な機能を使いこなすには自身に適したリュックを選ぶことが大切です。アウトドアリュックを選ぶ際のポイントと注意点をご紹介します。

 

・リュックの容量を確認する

アウトドアリュックの容量はL(リットル)で表されます。デイパックと呼ばれる10L前後の小さなものから、100Lもの大容量を誇るものまで幅広い容量のリュックがあるため、使用する場面や目的に応じて選ぶことが大切です。

 

【一般的な目的別の容量目安】

-日帰りのハイキングやタウンユース:10L~20L程度

-日帰り登山:30L程度

-キャンプなどの一泊するアウトドア:40L以上

-テント泊を考えている場合:60L以上

 

日帰りのアウトドアやタウンユースが主な用途の場合、適度に容量がありつつも大きすぎない、30L程度を上限にリュックを選ぶのがおすすめです。

 

・防水性能

アウトドアリュックの防水性能は、「耐水」「撥水」「防水」の3つに大きく分けられます。

耐水は水を通しにくいという意味で、完全に水を防ぐことはできません。撥水は生地表面で水を弾くもの、防水は生地の中に水が浸入しないものという意味です。

防水は更に、縫い目からの水の侵入を防ぐ普通の防水と、特殊な処理や素材を採用した完全防水に分かれます。

リュックの中に電子機器などの水に弱い製品を入れる場合は、素材の防水性も確認して選ぶことが大切です。

 

・ポケットやファスナーの位置

アウトドアリュックには多くのポケットやファスナーが付いています。その数や位置によって、アイテムの取り出しやすさ、収納のしやすさといった使い勝手が大きく異なるため、一度確認しておくと良いでしょう。

特に小物類を多く持ち運ぶ際は、ポケットが多く、小物を別々に収納できるリュックの方が中を整頓できるため便利です。

 

体にフィットするか

機能性や耐久性、容量ももちろん大切ですが、背負い心地が良いかどうかも大切なポイントになります。

背中のラインにしっかりとフィットし、背中全体に重さを預けられるリュックの方が、長時間背負っていても体に負担がかかりづらく疲れにくいです。

長時間の使用を考えている方は、自身の体に合うリュックを選ぶようにしましょう。

 

・タウンユースの場合はデザインも確認

タウンユースなどの普段使い用途でアウトドアリュックを選ぶ場合は、リュックのデザインも確認する必要があります。

リュックは面積が広く、背負うと背中全体がほとんど隠れてしまうため、普段のファッションに合うかどうかを考えながら選ぶのがおすすめです。

例えば黒やグレーなどのシンプルで無地のリュックなら、普段使いをはじめ、ビジネスシーンでも使用することができます。

 

■メンズにおすすめのアウトドアリュック

ここでは、前述の選ぶ際のポイントを踏まえたうえで、実際のアウトドアリュックを見ていきましょう。まずは、アウトドアシーンでもタウンユースでも使うことができる、メンズにおすすめのアウトドアリュックをご紹介します。

 

・ノースフェイス Pivoter 27L (NM71853 TB) トレッキング バックパック : ツイルベージュ THE NORTH FACE

ノースフェイス Pivoter 27L (NM71853 TB) トレッキング バックパック : ツイルベージュ THE NORTH FACE

ファッション性も高く、アウトドアメーカーの中でも非常に高い人気を誇るザ・ノース・フェイスのデイパックです。

容量は27Lとたっぷりあるので普段使いはもちろん、ハイキングなどのアウトドア用途でも活用することができます。各コンパートメントにはオーガナイザーポケットを設け、15インチのパソコンやタブレットまで収納が可能なので、ビジネスシーンにも最適です。

また、背面のバックパネルには高いクッション性や通気性を持つ素材を採用することで、快適な背負い心地を実現しています。

 

・ミレー KULA 20 20L (MIS0623 4048) トレッキング バックパック : SMOKED PEARL MILLET

ミレー KULA 20 20L (MIS0623 4048) トレッキング バックパック : SMOKED PEARL MILLET

容量20Lでしっかりと荷物を収納することができるうえ、シンプルな見た目で使いやすく、普段使いやハイキング用途など、どのようなシーンにも最適なアウトドアリュックです。

タウンユースの場合はウェストベルトを外して使用することもできるなど、デザイン面も工夫されています。

また、メインのジッパースライダー部には錠をつけることもできるので、大事な荷物を守ることもできるでしょう。

⇒アウトドア・トレッキング バックパック・デイパックを探す

 

■レディースにおすすめのアウトドアリュック

次に、女性におすすめのアウトドアリュックをご紹介します。

 

・ミレー SAAS FEE 30+5 LD (30+5L) (MIS0641 7810) トレッキング バックパック : VELVET RED MILLET

ミレー SAAS FEE 30+5 LD (30+5L) (MIS0641 7810) トレッキング バックパック : VELVET RED MILLET

ハイキングから日帰り登山まで幅広いアウトドアシーンに対応できる、容量30Lのバックパックです。

女性の体にフィットしやすいフォルムを採用しているほか、背面には蒸れを軽減する素材を利用し、ショルダーとヒップにクッション性の高いフォームを取り入れるなど、長時間の利用にも適しています。

アウトドアリュックに必要な機能性を備えているため、アウトドア初心者にもおすすめです。

 

・ケルティ GIRLS DAYPACK SP 15L (AD0002) レディース トレッキング バックパック : Navy KELTY

ケルティ GIRLS DAYPACK SP 15L (AD0002) レディース トレッキング バックパック : Navy KELTY

一般的なデイパックより一回り小さい、女性向けのデイパックです。容量は15Lで普段使いに最適ですが、表地に軽量かつ紫外線にも強い素材を使用しているので、ハイキングのようなアウトドアシーンでも活用することができます。

ブルーカラーを採用した裏地にはファスナーポケットも付いており、荷物の仕分けも簡単など、機能性にも配慮されています。

⇒アウトドア・トレッキング バックパック・デイパックを探す

 

■キッズモデルのアウトドアリュック

最後に、子ども向けのアウトドアリュックでおすすめの製品をご紹介します。

 

・ケルティ CHILD DAYPACK2.0 11L (2592124) ジュニア(キッズ・子供) トレッキング バックパック : Multi B KELTY

ケルティ CHILD DAYPACK2.0 11L (2592124) ジュニア(キッズ・子供) トレッキング バックパック : Multi B KELTY

子どもでもファスナーを開け閉めしやすいように、バレーボールジップを付けているデイパックです。

容量も11Lと普段使いには十分なうえ、中もポケットで仕切られているため小物の収納も簡単に行えます。また、見た目がカラフルで可愛らしく、おしゃれ使いに向いているのも特徴です。

 

・ノースフェイス ラウンディ キッズ 22L ブラック (NMJ71801 KK) ジュニア 子供 トレッキング バックパック THE NORTH FACE

ノースフェイス ラウンディ キッズ 22L ブラック (NMJ71801 KK) ジュニア 子供 トレッキング バックパック THE NORTH FACE

容量22Lと収納が比較的大きく、普段使いからアウトドアシーンまでマルチに活用できるアウトドアリュックです。

ホイッスル付きのチェストストラップや、夜間でも視認性が高いリフレクター仕様の採用といった、子ども向けならではの防犯対策も施されています。

また、フロント右側のポケットからメインコンパートメントに荷物を出し入れできるなど、機能性の高さも魅力です。

⇒子ども向けアウトドア・トレッキング バックパックを探す

 

お気に入りのアウトドアリュックを見つけよう

アウトドアリュックは、その本来の用途から機能性が高く、普段使いに向いている点が魅力です。また、デザインがおしゃれなものも多く、タウンユースに向いている製品も多く発売されています。

機能性や背負い心地、デザインなど、さまざまな視点からお気に入りのアウトドアリュックを選び、アウトドアや普段使いで楽しんでみてはいかがでしょうか。

BUY NOW

RANKING ランキング


SEARCH フリーワード検索