フリーワード検索

outdoor2020.04.24

一度座ったら起き上がれない!Coleman(コールマン)の絶賛チェア

キャンプに行った際に、どれだけリラックスした時間を過ごせるかは、チェア次第と言っても過言ではありません。今回は、「一度座ったら起き上がれない」と話題のチェアを紹介したいと思います。(この取材は3月3日に行われました)

外出できないときには、お家でキャンプ気分も演出してくれるこのアイテム、さっそく紹介していきましょう。


【目次】
■インフィニティチェアについて
■レイバックラウンジャーについて
■気になる座り心地は?
■まとめ



■インフィニティチェアについて



世界中で長く愛されているアウトドアブランドColeman。そのColemanから発売されているインフィニティチェアが評判です。キャンプやBBQなどのアウトドアでの利用はもちろんのこと、快適さとお洒落さを兼ね備えているため、最近は自宅で日常使いしている人も増えているそうです。



チェアの設営は数秒でできてしまうほど簡単。約100キロの重さにも耐えられる頑丈な作りになっているので、大柄の大人でも問題なく使えます。

普段は、コンパクトに折りたたんで収納することができるので、家庭では保管する際に便利です。本体重量は8.8キロと、決して軽量ではありませんが、サイドに取っ手がついているため、折りたたんで持ち運びしやすい構造になっています。



ベージュの上品な色合いのシートにはポリエステル素材を使用。メッシュ構造になっているので、サラッとした質感で、通気性は抜群です。夏の暑い時期でも蒸れたりせず、長時間でも快適に過ごせます。枕の部分には、ワンポイントでColemanのロゴがデザインされています。


■レイバックラウンジャーについて



見た目はインフィニティチェアによく似ていますが、ネイビーとグレーのチェアは、アルペン限定商品のレイバックラウンジャーです。こちらも同じくColeman製のチェアになります。

シート部分のカラーバリエーションの違いに加え、生地も異なります。同じポリエステル素材ではありますが、メッシュ構造にはなっていません。通気性はインフィニティチェアよりは劣りますが、作りは同じなので、座り心地はインフィニティチェアと変わらず快適です。



レイバックラウンジャーの便利な機能として、アームレストの下に、500mlペットボトルが収まるサイズのドリンクホルダーが付属しています。このドリンクホルダーがあれば、BBQなどの時に「自分の飲み物がどこにいったか分からない!」なんてことが起こりません。


■気になる座り心地は?



焚火会の島田さん、河本さん、島田さんの3人に、インフィニティチェアとレイバックラウンジャーに座ってもらいました。

想像以上の座り心地の良さに、感嘆の声があがり、「すごく落ち着く」「これは確かに起き上がれない」「黒いフレームとシートの色の組み合わせがお洒落だよね」と、皆さん、かなり好印象の様子。

シートの座面幅は約46cmあり、大人の男性でも余裕を持って座ることができます。フレームはスチールでできていて、安定感は抜群です。また、座ったままの状態で、簡単にリクライニングの角度を変えることもできます。



アームレスト部分にあるロックレバーを調整すれば、好みの角度でチェアを固定することができます。3人それぞれ、好きな角度でくつろいでもらったところ、しばらくこのままの状態で動かなくなってしまいました。

リクライニングを最大まで倒したフルリクライニングの状態にすると、足が宙に浮き、ほぼ仰向けの状態になります。空を見上げたまま、眠りたくなってしまう心地よさです。


■まとめ



今回はColemanのリクライニングチェアを紹介しました。フルリクライニングできるチェアに腰かけ、空を見上げながら昼寝をしたり、夜になれば、自然の中で星空をゆっくり眺めるのもいいですね。また外出できないときにもお家の中、例えばお庭でもベランダでもキャンプ気分も楽しめます。リラックスを追求したチェアで、優雅なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

BUY NOW

RANKING ランキング


SEARCH フリーワード検索