フリーワード検索

running2019.03.04

ニューバランス×アルペン 第3回イベント「名古屋ウィメンズマラソン直前決起集会」を開催

2019年2月23日(土)、2週間後に迫った名古屋ウィメンズマラソン(3月10日)に向けた“決起集会”が名古屋の庄内緑地公園で行われた。春の陽気に誘われ、100名を超えるランニング女子が集結しました。
 
「名古屋ウィメンズマラソン直前決起集会」と銘打たれた今回のイベント。受付開始時間の午前9時を過ぎると、続々と参加者の方が芝生の広場に集まってきました。

暖かな日差しが降り注ぐ屋外での開催となりました。
 
会場ではニューバランスのランニングシューズ試し履きや、アミノバイタルのサプリ配布も行われていました。練習はもちろんですが、自分に合ったシューズ選びや栄養補給について考えることもマラソンの大切な準備の一つです。


 

9時半になり、ついにイベントがスタート。今回はトークショーとワークアウト、公園内のコースを走るランニング(約10km)が行われました。
 
第1部のトークショーではヤハラリカさんがMCを担当し、フルマラソンで自己ベスト2時間39分57秒という記録を持つ鈴木莉紗さん(NBRC NAGOYA GO WOMENアンバサダー)、エイベックスアーティストアカデミーでトレーナーを務める田辺莉咲子さんがゲストとして登場しました。
 
鈴木さんは名古屋ウィメンズマラソンの魅力や、実際にコースを走る上でのポイントを挙げていました。

(左からヤハラリカさん、鈴木莉紗さん、田辺莉咲子さん)

鈴木さん「名古屋ウィメンズマラソンの魅力は3つ。女性だけの大会なので、ものすごく華やか。コースがフラットで走りやすい。折り返し地点が多く、すれ違うランナーの頑張りが見える」

「名古屋ウィメンズマラソンで苦しいポイントは2つあります。1つ目は、10km手前の堀田駅から16km過ぎの内山町の信号。そこまでは単調なコースです。この辺りは同じような景色が続くので、おそらく走っていて実際よりも長く感じると思います。あと2週間あるので、余裕のある人は1回でも試走できたらいいなと思います。
 
もう一つは、35km地点過ぎ。名古屋城の先にある上り坂です。私はマラソンの本当の中間地点は30km地点だと思っています。21kmはまだウォーミングアップ。35kmから40kmあたりで、ガタッとペースが落ちる人は多いです。そこで1秒でもタイムを落とさないように強い気持ちで走れるかどうかが、ゴールタイムに直結します。逆にいえば、その35km過ぎの坂さえ乗り越えれば、あとは楽に走れるはず。最後の難所だと思って頑張って走ってほしいです」
 
 
アーティストやモデルのパーソナルトレーナーを務める田辺さんは本番直前に無理なトレーニングは禁物と、トレーナーの視点からのアドバイスをみなさんに送っていました。

田辺さん「名古屋ウィメンズマラソンまで残り2週間なので、一生懸命にトレーニングをし過ぎて当日、筋肉痛になってしまっては困りますよね。今は疲れない体づくりと、ケガをしないようなストレッチ系の種目をやることが大切です」
 
 
そして、トークショーの後には田辺さんによる「本番直前でもまだ間に合う筋力アップトレーニング」のワークアウトが実施されました。参加者はもちろん、イベントのスタッフも一緒になって体を動かしていた姿が印象的でした。

2週間後に迫った名古屋ウィメンズマラソンの貴重な準備期間ということもあって、みなさん真剣な表情で臨んでいます。
 
 
その後、集合写真の撮影を挟んで、ランニングがスタート。1kmあたり5分半、6分、6分半のペースごとに3つのグループに分かれ、1周約2.4kmという公園のランニングコースを4周走りました。

 
先導するコーチに続いて、勢いよく走り出していきます。
 
 


笑顔でカメラマンに手を振る余裕を見せる参加者のみなさん。
 
 

 
沿道で待つ田辺さんやヤハラさんとハイタッチしながら走る場面も。和気あいあいで、充実のランニングとなりました。
 
 

 
イベントにはまだまだお楽しみがあります。会の締めくくりに、景品を懸けたじゃんけん大会が行われ、これまた白熱の展開に。10km走った疲れなど微塵も感じさせず、勝った負けたの歓声が会場に響き渡りました。女性たちの圧倒的なパワーに思わず圧倒されます。
 
 
イベントはこれにて無事に終了。ゲストの方々との写真撮影タイムもあり、大満足の決起集会となったのではないでしょうか。
 
 
最後に、MCのヤハラさん、ゲストの鈴木さん、田辺さんにイベントの感想を伺いました。

ヤハラリカ
「やっぱり女性があれだけ集まると、すごいパワー、エネルギーが発せられますね。みなさんキャピキャピされている姿が印象的でした。それぞれの人間関係がリセットされて、壁がない状態で楽しんでくれていたのですごく良かったです。じゃんけん大会も熱く盛り上がって、キャーという歓声が上がってましたね(笑)。女子校出身なので、今日のイベントのようなノリの良さは最高でした」


鈴木莉紗
「名古屋ウィメンズマラソンの参加人数は今日の100倍くらいの規模になります。大会当日はどれだけパワフルになるんだろうと楽しみです。私はアンバサダーで、大会の盛り上げ役として参加させてもらっているんですけど、逆に私がパワーを頂いて、とても元気になれました。みなさんそれぞれ目標は違いますが、一つのことに向かって一生懸命に取り組む姿勢はとても美しいですね」

 

田辺莉咲子
「声がガラガラでごめんなさいって思いました(笑)。マラソンに興味がある方が集まっているイベントなのに、トレーニングについても質問してもらえたのがすごく嬉しかったです」

BUY NOW

RANKING ランキング


SEARCH フリーワード検索