フリーワード検索

football2018.09.27

岡部将和(ドリブルデザイナー)、諸江剣語(フウガドールすみだ)スペシャル対談【前編】

今やサッカー日本代表クラスの選手がサポートを乞うほど、確立した理論を持つドリブルデザイナー岡部将和。そして、その岡部将和が最強ディフェンダーとして認めるフウガドールすみだのキャプテンでフットサル元日本代表の諸江剣語。気心の知れた2人は、それぞれの存在の重要性を確かめ合うかのように、互いの長所に触れながら対談は進んで言った。
 

−まずはお二人の出会いから教えてください。

岡部:はじめはプレデター(現:バルドラール浦安)だったよね。剣語の方が先に入ってて。

諸江:そうですね、僕の方が先でしたね。で、トップチームでもセグンドでも一緒でしたよね。

岡部:そうそう。自分はずっとサッカーをやってきて、大学を卒業する前に、先輩から「これからFリーグが開幕してプロ化もするから、絶対やった方がいいよ」って声かけてもらって、挑戦してみようかと。
ただ、どうせフットサルをやるんだったら一番強いチームでやりたくて、その年の全日本選手権で優勝したプレデターのセレクションを受けて、加入することになりました。そこで剣語と出会ったのが最初ですね。
 

諸江:ちょうどマーさんが入って来た頃は、僕もプレデターに入ったばかりで、若かったこともあって、トップチームでなかなか活躍することができず、トップチームとセグンドを行ったり来たりしていた時期でしたね。

−お互いの第一印象はどんな感じでしたか?

諸江:天才。大げさでもなんでもなくて、もうホント天才。

岡部:絶対ウソでしょ(笑)!

諸江:いやいや、ホントですよ。一人で簡単に点を取っちゃうんですから。相手を一人二人とドリブルでかわして。
本当にすごい人が入って来たなって思ったのが最初の印象ですね。
メチャクチャ早くて上手くて、ドリブルとシュートのセンスがハンパじゃないんですよ。
 

岡部:あとでジュースおごるよ(笑)。

−岡部さんから見た諸江剣語選手の第一印象はどうでしたか?

岡部:あの頃の剣語は、今とは違ってアラの選手だったんですけど、攻撃的ですごく上手いうえに、攻撃だけじゃなくて、とにかく全部できる、そんな印象でした。
パスもできるし、ドリブルもシュートもディフェンスも全てがハイレベル。その上、性格がメチャクチャ良くて。
あの当時の選手たちは、みんな若かったこともあって、ギラギラしてたんですよね。「自分がトップチームに上がって、絶対プロになってやる」っていう選手が多い中で、剣語はしっかりと人の意見を聞いてコミュニケーションが取れる人間でしたね。

−今のままですね(笑)。

岡部:そう、今のまんま(笑)。だから、みんなから可愛がられるんですよね。

−岡部さんのドリブルクリニック「最強ディフェンダーを撃破せよ」では、諸江選手がBOSS役をしていますが、岡部さんをから見て、諸江選手のディフェンスで長けているところはどんなところだとお考えでしょうか?

岡部:剣語のディフェンスのどこが凄いかっていうと、まず、お尻がデカくて、横に早いんですよ。普通、横に無茶な体勢を取らせたら、次が動けないんですけど、剣語の場合は、そこでもう一回立て直して粘り強く守ることができるんです。
かつ、腕力がメチャクチャ強いので、腕に当たっちゃうと引っかかって動けなくなってボールを奪われてしまう。機動力もある上に、大きい相手にも対応できるスーパーなディフェンダーですね。
しかも、言い訳をしないし、良い意味で手を抜かないので、人として信頼できる。人間性が素晴らしいからこそ、剣語にBOSS役をお願いしたいと思ったんですよ。
 

ドリブルクリニックでの指導の様子

ドリブルクリニック「最強DFを撃破せよ」での一コマ(筆者撮影)
 

−諸江剣語選手の人間性、わかる気がします。そしてお尻の大きさも(笑)。では、諸江選手に質問ですが、岡部さんからどんなことを学んでいますか?

諸江:マーさんがドリブルデザイナーとして活動している動画をひたすら見て学ばせてもらっていますね。
とにかくマーさんの理論を理解しようと、何度も動画で見たり、こうして実際に会って、説明を受けながら学ばせてもらっています。
今まで聞いたこともない理論だし、これまでなんとなくやっていたことを、ちゃんと噛み砕いて説明してくれるので、新しい発見ばかりです。僕にとって、マーさんは、“まだまだ上手くなれるんじゃないか”って思わせてくれるとても重要な存在ですね。

岡部:ジュース2(笑)。



 

後編 へ続く。

BUY NOW

RANKING ランキング


SEARCH フリーワード検索