フリーワード検索

golf2020.12.18

【2020年の売れ筋ベスト10!】ボール編 売れたボールは飛び系?低価格系?

色々あった2020年もそろそろ暮れに近づいてきました。アルペングループマガジン「ゴルフ」編集部では、この1年の売れ筋商品を数回に分けて振り返ってみたいと思います。

初回はボール。いろんな種類があるけれど、どれを選んでいいのかイマイチよくわからないゴルフボール。プロゴルファーに言わせればボールの性能差は大きいというが、アマチュアにとっては性能面もさることながら同時に価格も気になるところ。

そこで気になる「どんなボールが人気なのか」「みんなはどんなボールを買っているのか」を探るため、2020年の売れ筋をゴルフ5マーケティング部の水嶋梨帆さんに聞いてみました。
※2020年1月~11月 ゴルフ5全店 売上数量の集計より算出


第10位はブリヂストンの『ツアーB JGR』

「“飛距離モンスター”という分かりやすいメッセージ性、性能が支持されました。ゴルフ5オリジナルのグリーンカラーも好評でした」(水嶋、以下全て同じ)


第9位は『トブンダ スタイル』のシリーズ。

「この『トブンダ スタイル』は38、42、46と3タイプあり、ヘッドスピード別に自分に合ったものを選べるところが人気なんですよ」


第8位はタイトリストの『TRUFEEL』

「こちらは1ダース2,300円(税抜)でお求めやすい価格となっており、タイトリストのボールでもっとも打感がソフトということもあって人気です」


第7位はタイトリストの『プロV1x』が登場。

「やっぱりアスリートやギア好きの方から支持されていますね。同じスピン系の『プロV1』と比べて、アイアンやショートゲームでのスピン量の多さや、柔らかいながらも芯を感じるしっかりとした打感、高めの弾道で攻めたい方に好まれているようです」



左から「ツアーB JGR」「トブンダ スタイル42」「TRUFEEL」「プロV1x」


第6位はキャロウェイのディスタンスボール『WARBIRD』

「打感がソフトで飛距離も出ると評判です。低価格なんですよ!」


第5位にはタイトリストの主力スピン系ボール『プロV1』がランクイン。

「1ダース6,300円(税抜)※の高価格帯ボールですが、性能の高さも認知度も折り紙付きです。ギアにこだわるゴルファーから高い支持をいただいています。この価格帯で5位に入ってくるあたりは、さすが『プロV1』です。ウレタンカバーのスピン系ボールの代名詞とも言えるボールで、アプローチやアイアンのスピン性能はピカイチ。非常にソフトな打感に加えて弾道の高さを抑えて攻めたいスコアアップを目指している方にもお勧めで、スコアにこだわる方や競技に出ている方を中心に大変人気です」

※12/18時点価格:4,200円(税抜)


第4位はブリヂストンの「ツアーステージエクストラディスタンス」
「コストパフォーマンスが光る飛距離追及型のボールです。ゴルフ5では色もホワイトだけではなく、オレンジも展開しております」



左から「WARBIRD」「プロV1」「ツアーステージエクストラディスタンス」


ここまで見てみると、ツアー系から低価格系までいろいろなタイプがランクインしています。それではいよいよベスト3の発表です。


第3位はダンロップの『スリクソンディスタンス』

「国内ブランドのディスタンス系ボールは結構売れています。ボールのナンバリングが2桁のダブルナンバーだったりと、デザイン性の面でも評価されていますね」



3位は「スリクソンディスタンス」。スリクソンは松山英樹選手のイメージが強い


第2位はタイトリストの『HVC』

「『HVC』はタイトリストの低価格帯ディスタンス系ボールです。タイトリストのボールは多くのプロに支持されていますので『タイトリストなら安心』と感じられるお客さまも多かったようです。価格は1ダース1,850円(税抜)と、コストパフォーマンスの高さが支持されたのだと思います」


2位、3位、4位のボールを見渡してみて水嶋さんからこんな話も飛び出た。

「この3モデルは、アスリートブランドとして認知されていますが、その上で価格がお手頃だし飛距離性能の高いボールが手に入るという点で共通して人気なんです。性能差というよりは、打感やブランドの好みなどで選ばれるお客さまが多いのではないかと思います」



2位の「HVC」。タイトリストのネームバリューは強い


そしていよいよ2020年の売れ筋ベスト10の栄えある第1位は…

「お客さまからの人気が高かった売れ行きナンバー1ゴルフボールは、弊社ゴルフ5のプライベートブランド『イグニオ』の『イグニオ ディスタンス』です。1ダース924円(税抜)とお手頃ながら、高打ち出しで飛ぶボールという点で手に取りやすかったのだと思います。ソフトコア採用の2ピースボールなので打感がやわらかく、打感を重視されるお客さまやヘッドスピードの速くない女性にも人気でした」



1ダース1,000円を切る安さで売り上げ1位となった「イグニオディスタンス」


ランキングを振り返ってみると、ディスタンス系ボールが上位10モデル中8モデルを占め、価格帯も1ダース2,000円前後の比較的低価格ものが人気でした。やはり多くのゴルファーが、飛距離性能と価格のバランスを重視し、コストパフォーマンスの高いディスタンス系を求めているということが分かるランキングとなりました。


次回、 【2020年売れ筋ベスト10!】はアイアン編 。12月25日掲載の予定です。

BUY NOW

SEARCH フリーワード検索