フリーワード検索

outdoor2019.07.18

オシャレで可愛くて楽しい!今年の夏は女の子同士で『女子キャンプ』に行ってみよう。

皆さんは『女子キャンプ』という言葉を聞いたことはありますか?キャンプというと、持参する荷物が多いことや、テントの設営や火起こしなどが難しそうで、どちらかというと男の人の趣味、または家族で行くもの、そんなイメージを持っている人も多いかもしれませんね。ですが、最近は女子だけでキャンプを楽しむ人が増えてきました。この記事では、女子キャンプならではの特徴や魅力をご紹介します。


【目次】
■女子キャンプとは?
■女子キャンプの醍醐味
■女子キャンプの楽しみ方
■なんでも挑戦!みんなで達成感を楽しもう
■女子キャンプ初心者も気軽に楽しめる!
■女子キャンプを体験してみて
■まとめ



■女子キャンプとは?


女子キャンプとは、女子だけで行くキャンプスタイルのことです。イラストレーターでキャンプコーディネイターのこいしゆうかさんが、なんと10年程前に作った言葉なのです。10年前には、率先して女子だけでキャンプに行く人はきっと少なかったでしょうね。ここ最近では、オシャレで自分らしいキャンプを楽しむ人が増え、それに乗じて女子のキャンパーさんも増えてきました。今では、ワンタッチで簡単に設営できるテントなどもあり、キャンプ初心者の女子も気軽に楽しむことができます。


■女子キャンプの醍醐味


女子キャンプの醍醐味は、女子ならではの視点でオシャレに可愛く、気分が上がるデコレーションを楽しめることです。機能性だけでなく、デザインも素敵なキャンプギアを選んだり、色とりどりのオシャレなキャンプ飯をみんなで作ってテーブルコーディネートしたりと、目で見て楽しむことが醍醐味と言えます。アウトドア用のお洒落なカトラリーやギアも増えてきているため、一度キャンプに行くと意外とハマってしまったという女性が増えているんです!


■女子キャンプの楽しみ方


女子キャンプの楽しみといえば、なんといってもおしゃべりを楽しむことではないでしょうか?女子はどんな場所でもおしゃべりを楽しめる天才ですよね。それが大自然に囲まれた気持ちのいい環境であれば、尚のこと盛り上がること間違いなし!みんなで作った美味しくてオシャレなごはんを囲み、お酒を飲み交わし、女子キャンプはまさに女子会の延長のようなものなのです。


■なんでも挑戦!みんなで達成感を味わおう


男性と一緒に行くキャンプだと、火起こしやテントの組み立てはどうしてもお願いしがちですよね。役割分担的にも女性はご飯の準備などが多いかもしれません。でも、女子だけで行くキャンプはそうは言っていられません。なんでもみんなで協力しながら挑戦しましょう!テントをたてたり、焚き火を組んだり。慣れないことで時間がかかるかもしれませんが、みんなで知恵を出し合い、うまく出来たときの達成感は気持のいいものですよ。ぜひ挑戦してみてください!


■キャンプ初心者も気軽に楽しめる!


女子だけでキャンプを始めてみたくても、初心者の方は道具が揃っていなかったり、そもそもやり方がわからなかったりすることもありますよね。そんな方は、既にベット付きのテントが設営してあり、ごはんの準備や片付けもしてくれるグランピングがおすすめです。しっかりキャンプ感を味わいながらも快適に過ごすことができるため、初心者にはぴったりです。また、テント泊をしてみたい方も、道具一式を貸し出してもらえて、レクチャーしてくれるインスラクターがいる施設もありますので、気負いせず気軽に始めることができますよ。


■女子キャンプを体験してみて

今回のキャンプ取材では、SNSで人気のキャンパー、ROSAさんに色々と教えてもらいながら、キャンプビギナーである、フードスタイリスト赤埴奈津子さん、モデルの由布菜月さんが3人で女子キャンプを体験しました。キャンプを終えてみて、3人に印象を聞いてみました。

――初めてのキャンプはいかがでしたか?

由布:キャンプって聞くと、大変そうだなとか面倒くさそうだなという気持ちが正直ちょっとあったんですけど、今回初めて体験してみて、テントもすごく簡単に組み立てられるし、ご飯もみんなで作るといつもより美味しく感じたので、またすぐに来たいと思いました。

――屋外でのキャンプ料理にトライしてみていかがでしたか?

赤埴:キャンプで料理するっていうのは、家の中と違って火加減等自分で調整できないことが多いからこそ、いつもと違う料理ができるような気がして、すごくワクワクドキドキしました。みんなでキャッキャしながら料理して、それを温かいうちにみんなで囲んで食べれたことがすごく楽しかったです。

――キャンプ初心者と一緒にキャンプに来てみていかがでしたか?

ROSA:私は普段一人でキャンプをするんですけど、今回は初めての二人とキャンプをして、テントを組み立てたり、焚き火をしたり、火をつけたりということを教えながら進めていき、最後に2人から「キャンプって楽しいね」「また来たいね」と言ってもらえたことがとても嬉しかったです。


[MOVIE:「女子キャンプの魅力」インタビュー]


■まとめ


いかがでしたか?今回キャンプをリードしてくださったROSAさんは、ソロでもキャンプに出かけるそうです。今回は友達同士でくる女子キャンプの魅力を紹介しましたが、ソロキャンプもまた違った楽しみ方や魅力があるので、次回以降にご紹介させていただきます。

本来キャンプは女子も男子もみんなが楽しめるものです。その中でも女子ならではの目線でキャンプギアをチョイスしたり、繊細なテーブルコーディネートをしたり、キャンプの中でできることは無限大!既成の概念に捉われず、キャンプを楽しむことが一番大事なことですね。皆さんも今年の夏はぜひ一度キャンプにチャレンジしてみてください!

BUY NOW

RANKING ランキング


SEARCH フリーワード検索