フリーワード検索

products2019.01.30

ミズノ「ウエーブライダー 22」をレビュー ~走り心地を追求したランニングシューズ~

ミズノ ウエーブライダーは初代が1997年にデビューして以来、走り心地の良さをコンセプトに開発されてきました。そのミズノ ウエーブライダーの22代目として、2018年の9月20日に発売されたのが「ウエーブライダー 22」です。

柔らかな履き心地とスムーズな走行感が特徴で、初心者からランニング上級者にまで対応。またランニングだけでなく、ウォーキングやトレーニングシーンにも使用できる幅広さが特徴です。

その履き心地や素材感、構造などウエーブライダー 22の特徴を詳しくレビューしていきます。

 

■1997年に誕生した「ウエーブライダー」

ウエーブライダーは世界で累計1,000万足を超える、ミズノのランニングシューズで最も人気のあるシリーズです。

4時間、5時間と走行時間や練習時間が長くなるにつれて重要になってくるのが、ランニングシューズの通気性と履き心地です。ウエーブライダーは特殊な構造のメッシュを採用しており、足とのフィット感を十分に感じられると同時に、軽量性と通気性を重視しており、蒸れることなく快適に履くことができます。

生地も柔らかく、足を入れたときの心地よさとフィット感は非常に快適。長時間走っていると、足の浮腫みによってサイズも変わってくるので、シューズの柔軟性はとても重要です。

 

■“走り心地の良さ"を追求「ウエーブライダー 22」をレビュー

ミズノ ウエーブライダーは、ソール(靴底)部分の屈曲溝の数が多く、スムーズで快適な走り心地を追求したシリーズですが、ウエーブライダー22は前作のウエーブライダー21からさらにソールの溝が増えています。

これによってソールを曲げる際のストレスが軽減され、体重移動に伴って接地面がスムーズに前方へ移行。着地から蹴り出しまで、足に合わせて自然に動くことができます。体重移動のしやすさは、ランニングにおいて大きなアドバンテージといえるでしょう。

また、かかとまでしっかりと屈曲することで着地の衝撃を分散することができるので、走行中の足への負荷を和らげてくれるというメリットも得ることができます。

 

-クッション性と安定性を両立する『ミズノウエーブ』を搭載

クッション性と安定性を両立する『ミズノウエーブ』を搭載

 

ウエーブライダー22の着目すべき機能に、ミズノウエーブが挙げられます。これはソールに挟み込まれた波形のプレートのことで、一般的には難しいとされるクッション性と安定性を高い次元で両立することに成功しています。

ソールに内蔵された波形のプレートは、走行時のソールの屈曲に合わせて凸状に変形。元に戻る反発力によって、前方への重心移動を力強くサポートしてくれます。

通常、ソールの安定性はクッション性との二者択一になってしまうのですが、ミズノウエーブはソール自体ではなくプレートの力で安定性を確保しているため、地面からの衝撃をしっかりと緩和してくれるクッション性に優れたソールを採用することができています。結果として、安定性とクッション性の両立が可能になったというわけです。

実際に走ってみると、柔らかく衝撃を吸収しながらも次の一歩を軽やかに後押ししてくれる、不思議な感覚を味わうことができます。ウエーブライダー22は最後まで走り抜きたいランナーの必須のアイテムといえるでしょう。また、ランニングだけでなくウォーキングでも活躍できそうなアイテムです。

 

-軽量性を飛躍的に高めるミッドソール素材を使用

軽量性を飛躍的に高めるミッドソール素材を使用

 

ランニングシューズにおいて非常に重要なファクターである軽量性を実現するため、ウエーブライダー22はミッドソールに『U4ic』(ユーフォリック)という衝撃吸収素材を採用しています。軽量なだけでなく、クッション性にも優れています。

さらにウエーブライダー22は、単純に軽量な素材を用いているだけではありません。ソールの構造に目を向けると、後足部と中底には、より柔らかい素材である『U4ic X』を採用。これにより、同じ硬さの『U4ic』のみで構成する場合に比べ、よりソフトな接地感を実現しています。また、ヒール部分に大小のパーフ(穴)を設けることで、着地時の衝撃吸収性を向上。

さらに、ソールの過剰な屈曲を抑えるスムーズライドにより、地面を踏み出す時の不快な揺れを最小限にとどめ、なめらかな走行を可能にしています。ドロップが12mmと高くなっているため、ランニング初心者であってもスムーズな重心移動が可能な点も見逃せません。

 

-耐磨耗アウトソールラバー『X10』の使用で高まる耐久性

耐磨耗アウトソールラバー『X10』の使用で高まる耐久性

 

ランニングをしていると、どうしても地面との摩擦でシューズが傷んでしまいます。そこでウエーブライダー22は、摩擦に強く通常のラバーよりも耐摩耗性が約80%も高い、すり減りにくいアウトソール素材『X10』を使用しています。これにより、従来のシューズに比べて大幅に高い耐久性を実現。愛用するランニングシューズを長く使えるのは嬉しいポイントです。

またインソールはかかと全体を包み込む形状となっており、よりかかとにフィットし、走っているときでも吸い付くようなフィット感を得ることができます。

 

■ミズノ「ウエーブライダー 22」まとめ

多くのマラソンランナーから支持され、改良を重ね進化を続けてきたミズノの人気シリーズ『ウエーブライダー』。その22代目となるウエーブライダー22は、ランニング初級者の方からベテランのランナーまで、幅広い層の使用に耐えうるランニングシューズです。

しっかりとした高い安定性と柔らかいクッション性により、ランニングを力強くサポートしてくれるでしょう。その走り心地は、まさにウエーブライダーシリーズのコンセプトでもある「ライド感」たっぷりという表現がぴったりです。不快感の少ない着地とスムーズな重心移動で、ランナーの快適な走りを支えてくれるアイテムです。

BUY NOW

RANKING ランキング


SEARCH フリーワード検索