フリーワード検索

running2021.06.14

『NRCとNTCを活用して楽しくトレーニングする方法を考える』Think on the RUN ―走りながら考える― vol.6

NRC(Nike Run Club)は2006年にNike+として、NikeとAppleのコラボレーションで開始されたランナー向けの配信サービスです。それから様々なアップデートを重ね、2018年よりNRCとNTC(Nike Training Club)に生まれ変わり、現在に至ります。ランニングもトレーニングも同様なアプリが様々な会社から配信されていますが、コンテンツの充実度とアプリの使いやすさは秀逸だと思います。



私は2011年の東日本大震災をきっかけに不測の事態に備え、スマートフォンをウェアに装備して走るようにしています。早朝のランニング時では様々なことを考えながら走っているのですが、NRCは距離、時間、ペースを1kmごとにガイドしてくれるので、初めての場所で走ってもランニングに集中することができますし、トレーニング後はスプリットやコースの高低差など、各種情報を記録してくれているので、主観と客観的なデータを分析するのにとても便利です。また、使用しているシューズを登録しておけば(Nike以外のシューズも記録できます)、走行距離、時間、平均ペースなどの進捗がわかるので、とても重宝しています。

このように一人で走るのに事欠かない機能が満載されていますが、パーソナライズされたプログラムも提供してくれるので、ランナーにはトレーニングのマンネリ化防止にもなりますし、ビギナーの方はそれに従ってトレーニングすることもお勧めです。更に仲間と一緒に比較や競争ができるチャレンジやSNS機能などもあり、アプリ内で世界のランナーと繋がることもできます。私も年に数回、ランナー仲間とチーム対抗戦のチャレンジに参加していますが、普段よりも少し長く走っている自分がいます。コロナ禍で仲間と一緒に走れない昨今、この機能を使えば仲間との繋がりと、モチベーションを維持しながらトレーニングができるので一石二鳥の機能だと思います。走ることが苦手な方や空いている時間に室内で軽くトレーニングをしたい方にお勧めなのがNTCです。



ジムやヨガスタジオに出向かなくてもこのアプリを使えば、最新のトレーニングコンテンツを選ぶことができます。ランナーの方の多くは、走ること以外のトレーニングに少し億劫な傾向が強いですが、「全面性の原則」と言って、気になる部分だけを鍛えるのではなく、全体的にトレーニングを行った方が、逆に気になる部分のトレーニング効果が高まると考えられています。NTCのプログラムは、それぞれ時間も短く内容もわかりやすく構成されているので、ご自身のペースで無理のない範囲内で行ってみるだけでもかなりの効果を実感できると思います。

私もリモートワークが中心となった昨年からストレッチやコアトレーニングなどを中心に定期的に行うようになってから走りのリズムやバランスが変わりました。皆さんも是非、最先端のプログラムが提供されているNRCとNTCを活用し、楽しく効果的なトレーニングを行ってみて下さい。


※今回取り上げたNRC、NTCアプリを使ったアルペングループとナイキの新プロジェクトが始動するようです。興味のある方は下記バナーから関連サイトをチェックしてみて下さい。



 


■Profile

横山 順一

年齢: 51歳

ランニング歴: 39年

國學院大學卒業(1992年)

#junike0708


略歴

中学より陸上競技を始める。800m, 1,500m, 4×400mRを専門とする一方、大学では箱根駅伝予選会にも4年連続出場。マラソンは社会人になった20歳代後半から現在に至る。

外資系スポーツメーカーなどに勤務後、現在はコンサルティング会社にてターンアラウンドスペシャリストとして経営コンサルティング、企業・ブランドのブランディングなどを従事


TIGORAブランドディレクター

ティゴラのイメージ、シーズンテーマを監修

個々のアイテムのアイデア、アドバイス提供と多岐に渡り2019年1月より、アパレルよりディレクターを開始し、今年よりシューズも手掛ける。


自己ベスト

フルマラソン: 2時間26分55秒

ハーフマラソン: 1時間08分50秒


主な出場レース

東京マラソン、福岡国際マラソン、びわ湖毎日マラソン、別府大分毎日マラソン

ニューヨークシティマラソン、ゴールドコーストマラソン、ホノルルマラソン、バンクーバーマラソン

BUY NOW

SEARCH フリーワード検索