フリーワード検索

golf2022.06.03

ガーミン【Approach R10】絶賛予約受付中!大人気の弾道測定器はココがすごい!

発売以来大人気で欠品続出、欲しくても手に入らないと話題の「ガーミン」のポータブルスイング・弾道測定器「Approach R10」。この超人気商品、一時は予約もストップしていたが、現在予約を再開しているという。

そこで「Approach R10」の人気の理由を探るべく、その機能を改めて確かめてみたい。

「Approach R10」は、「トラックマン」や「フライトスコープ」のように、スイングと弾道の両方を計測できる測定器。本来なら数百万円する弾道計測器が、税込7万4800円で手に入るという点で非常に画期的でお得なアイテムだ。

もちろん本格的なものと比べると劣る部分もあるかも知れないが、基本的にはプロが使っても不足のない有効なデータが取れるし、携帯性や手軽さという点では、むしろアマチュアにとっては扱いやすいといえる。


税込7万4800円という安さでありながら測定可能なデータが多く、人気を集めている


使用方法はいたって簡単。スマホ程度の本体に折り畳み式の三脚がついているので、それを広げてボールの真後ろ2mほどのところにポンと設置するだけ。これをガーミンの専用アプリをダウンロードしたスマホやタブレットなどと連携させれば、ボールを打つだけでデータが自動的に送信される。

計測できるデータは、クラブスピードやアタックアングル(入射角)、クラブパス、フェースアングルといったクラブの動きを測定したものと、ボールスピードや打ち出し角、打ち出し方向、バックスピン量、飛距離、最高到達点の高さといったボールの弾道データの両方で、さらにそれらから導き出されるスマッシュファクター(ミート率)やフェイストゥパスなども自動的に算出し、合計14種類以上のデータを表示できる。


高価格帯の弾道測定器と遜色のない数のデータ測定項目を誇る


これに加えて、スマホやタブレットのカメラと連動してスイング動画も撮影できるので、どんなスイングでどんなボールが出たかを細かく見ることができる。

これらのデータは一覧で見るだけでなく、必要な項目をピックアップして並べ替え表示することができるし、弾道を線で表示してビジュアル的に把握することもできるので非常にわかりやすい。


タブレットやスマホのカメラと連動して、スイング動画の撮影、保存が可能


弾道は動く飛球線で飛び方が一目瞭然。データ項目もイラスト付きで視認しやすい


キャディバッグやカートバッグに入れて持ち運べるうえ、1回の充電で約10時間の連続使用が可能。練習場での使用はもちろん、ラウンド中に持ち歩いて実際にコースで出る弾道をチェックすることもできる。

さらに、サブスクリプションサービス(有料)に加入すれば、実在するコースでのバーチャルラウンドが可能になる機能も搭載。全世界の4万2000コースを、最大4人で同時プレーすることができ、打ちっぱなしの練習場がシミュレーションゴルフに早変わりする。


屋内の練習場でもバーチャルラウンドが可能に。家族やゴルフ仲間と一緒に楽しめる


過去にも簡易的なポータブル測定器はあったが、ここまで本格的な機能を備えたものがコンパクトタイプで発売されたのは初めて。これまでトッププロやプロコーチのものだった弾道測定器がこの値段で手に入るというのだから、アマチュアにとっては画期的ともいえる商品だ。

これがあれば、自分のスイングを精密に分析して弱点をあぶり出せるので、効率的かつ的確にスイングのレベルアップが可能になるし、YouTubeなどで見るようなクラブの打ち比べも自分一人でできてしまう。もちろん練習自体を楽しんだり、シミュレーションプレーで遊んだり、ゴルフの楽しみ自体も大幅にアップすること間違いなし。

大人気商品だけに予約順にしか手に入らないので、一日でも早く ゴルフ5店頭 で予約しよう!
 


<Approach R10の動画を見る>

https://youtu.be/_9E4SxZt0zo

SEARCH フリーワード検索