フリーワード検索

outdoor2020.01.13

お洒落で美味しいキャンプ飯を作ろう!vol.9 冬にぴったり!オニオングラタンスープ

寒い時期におすすめしたいキャンプ飯、今回はオニオングラタンスープです。「スープだけだとボリュームが足らないかも?」と思っている人におすすめしたいのが、オニオングラタンスープ!バゲットとチーズが入ってボリュームもしっかりあり食べ応え抜群です。
今回はメスティンを使ってオニオングラタンスープを作ってみましょう。


【目次】
■メスティンとは?
■オニオングラタンスープの作り方
■残ったバゲットを簡単アレンジ
■まとめ



■メスティンとは?


「メスティン」は、長方形の形状をした取っ手付きのアルミ製飯ごうです。熱伝導率がいいため、アルコールバーナーでも美味しいご飯を炊くことができます。容量750mlとコンパクトで、重さは150gと軽量!実用性が高く、キャンパーの中では定番人気のクッカーです。

飯ごうとして使用するのはもちろん、蒸す、焼く、茹でるといった調理にも使うことができる便利なアイテム。今回はメスティンを使って、寒い時期にピッタリのオニオングラタンスープを作りました。


■オニオングラタンスープの作り方


~材料(1人分)~
・玉ねぎ…1~2個
・ベーコン…適量
・バゲット…2切れ
・ピザ用チーズ…適量
・オリーブオイル…適量
・水…約250~500ml  ※メスティンのサイズによって変わります
・パセリ(乾燥パセリでも可)…少々
・コンソメ(顆粒タイプ)…少々
・塩…少々
・コショウ…少々


~作り方~
(1)玉ねぎは皮をむいて薄切りにし、ベーコンは1センチ程度の厚さに切ります。バゲットは厚さ2センチほどにカットし、仕上げに使うパセリはみじん切りにします。

(2)メスティンにオリーブオイルをしき、玉ねぎを加えて、飴色になるまでじっくりと炒めます。

[point]
玉ねぎが焦げないように、木べらなどで混ぜながら炒めます。火から目を離さないようにし、気長に炒め続けましょう。



(3)さらにベーコンを加えて炒めます。



(4)ベーコンの色が変わったら、水を加えます。



(5)水が煮立ったら、コンソメを加え、塩、コショウで味を整え、スライスしたバゲットを加えます

[point]
バゲットはあらかじめ焼いておくと、香ばしさが増すのでおすすめです。



(6)スープに沈めたバゲットの上にチーズとパセリを乗せます。チーズは思い切ってたっぷりと乗せましょう。

(7)蓋をして1~2分ほど弱火で加熱し、チーズがとろけたら完成です。



長時間炒めることで、甘みと旨味が凝縮したオニオンスープに仕上がります。スープをギュッと吸い込み、チーズの絡んだバゲットは唸ってしまう美味しさです!


■残ったバゲットを簡単アレンジ
バゲットを1本買うと、オニオンスープだけでは使い切れないことも。そんな時は、残ったバゲットで「チーズバゲット」を作りましょう!
バゲットの上から2センチ幅で等間隔に切り込みを入れて、ピザ用チーズをはさみます。アルミホイルでバゲットの下半分を包むようにしてから、コンロの網の上で焼きます。

[point]
アルミホイルでバゲットの下部を包むことでコンロにチーズが落ちるのを防ぎます。

バゲットの間に挟んだチーズがとろけてきたら出来上がりです。とろっとしたチーズがバケットによく絡んで、ワインのお供にぴったりです。


■まとめ
スープにバゲットとチーズを加えることで、一気に主役級の一品に!冬空の澄んだ空気の中、焚き火をしながら飲むスープは絶品。できたてのスープを口に運べば、体もポカポカ温まる、冬にぴったりの一品です。ぜひ、冬キャンプで作ってみてくださいね。

BUY NOW

SEARCH フリーワード検索