フリーワード検索

running2019.01.21

ニューバランス×アルペン 第2回イベント「ワークアウト&ラン」を開催

2018年12月、100名近くのランニング女子が、アルペングループ本社に駆けつけた。参加人数は前回のイベント(ヨガ&ラン)よりも3倍近くとなり、会場は終始熱気に包まれていた。参加者の多くは名古屋ウィメンズマラソンに参加するということもあり、刻々と迫る開催日(2019年3月10日)に向けて、ボルテージは上昇している。今回はマラソン完走のために必要なワークアウト(筋力トレーニング)を行ってから、名古屋城周辺で走り込みをした。

[ 2/23開催決定!名古屋ウィメンズマラソン 直前決起集会 ]
※募集人数は先着500名様となります。

ワークアウト田辺莉咲子コーチ
 

田辺:私はパーソナルトレーナーや筋力アップ・姿勢改善のインストラクターとして活動しています。今日は、マラソンに必要な筋力アップのトレーニングを楽しんでいきましょう。

田辺:下半身を楽な状態にして、上半身のストレッチをしていきます。まずは肩を伸ばしていきます。
 
次に腕の後ろを伸ばしますね。腕を組んで、できるだけ高い位置まで上げてみましょう。

田辺:肩を大きく上に向かって回していきます。

田辺:両足の裏をつけて、猫背にならないように背筋を伸ばして前に倒れましょう。

田辺:胸を開いて、脇の下を伸ばしていきますね。

田辺:両足を無理のない程度に開いて、できるだけ前に倒れてみましょう。
参加者:うわっ!かたっ!できない(笑)

田辺:足を前後に開き、前の足を90度に曲げます。お尻が伸びるように、つま先に向かって上半身を倒します。

田辺:トレーニングを開始しますね。膝とつま先を立てて、伸びた足の膝を伸ばしていきます。

田辺:それからお尻を高く上げていきますね。上にいかない方は、手を床から離してみましょう。

田辺:スクワットをやりますね。足を肩幅よりも少し広めに開き、つま先を少し外側に向けます。それから胸を張ったまま少し状態を倒し、お尻を後ろに伸ばしていみます。膝が動かないように、お尻をそのまま下に落としていきます。膝を前に出してしまうと痛めてしまうので、注意してくださいね。

田辺:ヨガマット巻いて、胸の前で抱えてからスクワットをやりますね。余裕ある方は、膝のラインよりもお尻を下げてみましょう。

田辺:ランジをやりますね。右足を深く前に出し、上半身を右に捻って元に戻します。左側も同じようにやります。
参加者:え!きつっー(笑)!体が熱い!
田辺:余裕がある方は、お腹から捻るのを意識してみてください。

田辺:両ひじを90度に曲げて床につけ、両足を伸ばします。片足を胸に寄せてから伸ばすのを交互にやってみましょう。

田辺:手を前に伸ばして床について、足を閉じてから伸ばすのをやります。膝を曲げると痛めてしまうので、注意してくださいね。

田辺:仰向けになり足を90度に曲げた状態で腹筋をやりますね。肘をできるだけ膝に近づけてください。

田辺:2人組になって、お尻の筋肉を伸ばしていきます。伸ばす方は寝転がり、片足を90度に曲げてから上げていきます。もう1人の方は足が上がってきたら、手で強く抑えます。これにより、刺激を与えながら伸ばすことができます。

田辺:背筋を伸ばして四つんばになって、足を90度に曲げたまま横に開いて閉じます。これも中臀筋のトレーニングです。

田辺:腕立てふせを普段やりますか?
参加者:やりません。
田辺:普段やらないみたいなので、今日はやりましょう!
参加者:えっ!?
参加者:あはははは(笑)。
田辺:腕を肩幅よりも少し広めに開いて、胸を床につけるイメージで腕立てふせをやってみます。

田辺:これから走るので、今日かなり使った太ももやお尻の筋肉を伸ばしていきますね。両足を開いて前に倒しましょう。

田辺:腕を後ろに組んで、顔を上下に動かして腕を伸ばします。
 

田辺コーチは今回のトレーニングを通じて、マラソンで完走するためには全身の筋力をアップさせる必要があると述べていた。柔軟性ある筋肉がつけば前に向かって強く走ることができるので、ストレッチも忘れずに行ってほしい。
 
ワークアウトに続いて、シューズを履き替えたランニング女子は、後半のセッションのランを開始した。

ランニング伊藤沙季コーチ
 

伊藤:今回は、1km辺り5分ペース・6分ペース・6分半ペース・7分ペースの4グループに分けて40分程走りますね。名古屋城にある加藤清正像まで向かい、記念撮影をしてから名城公園の中を走っていきましょう。

ワークアウトで体を温めたランニング女子は、New Balanceのランニングシューズに履き替えてから走り始めた。

豊臣秀吉の重臣として戦乱の世を駆け抜けた加藤清正像と一緒に記念撮影。

名古屋ウィメンズマラソンに向けて意気込むランニング女子は、ワークアウトの厳しさに悲鳴を上げていたが、最後まで走り抜いていた。

ラン終了後にクールダウンをし、全身のストレッチを入念に行った。

――クリニックを終えて
田辺:沢山の人達と一緒にトレーニングをしたのが初めてでした。皆さんのエネルギーが物凄く、楽しかったですね。またぜひ、一緒にやりたいです。

私は1日に1時間程走っています。名古屋ウィメンズマラソンは楽しそうですし、走ってみたいですね。

伊藤:前回よりも人数がかなり増えて盛り上がりましたね。ランナーの皆さんの間で会話が多く、楽しく走られている印象を受けました。

今回は5km位走りました。結構息が上がっているみたいだったので、良いトレーニングになったと思います。



今回行ったワークアウトとランを日頃から続けていけば、より躍動しながら走れるようになる。3月10日の名古屋ウィメンズマラソンに向けて、突き進んでほしい。


※次回イベント開催決定「名古屋ウィメンズマラソン 直前決起集会」の詳細は こちら



BUY NOW

RANKING ランキング


SEARCH フリーワード検索