フリーワード検索

running2021.03.19

シューフィッターがナビゲートするシューズ選びのお悩み解決 — あなたのランニングマインドとは。【前編・ビギナー向け】

ランナーの皆さんが走る目的と、それに紐づいたランニングスタイルも多様化しています。走り始めたばかりのビギナーランナーと、すでに走り慣れている中上級者ではニーズやお悩みも異なるはず。ランニングの中で一番重要なギアであるランニングシューズはどう選ぶ?今回はその前編として、シューフィッター・藤原さんに、ビギナーの方に向けたシューズ選びのお悩みを解決すべくナビゲートしていただきました。暖かくなる春に向けて、試してみたいシューズが見つかるはず。


■お悩みを解決に導いてくれる、シューフィッター

ランニングシューズフィッティングアドバイザー・藤原岳久(F・Shokai 【藤原商会】代表)


日本フットウエア技術協会理事

JAFTスポーツシューフィッターBasic/Master講座講師

足と靴の健康協議会シューフィッター保持

・ハーフ1時間9分52秒(1993)

・フルマラソン2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン) 

・富士登山競走5合目の部 準優勝  (2005)


10歳〜現在に至るまで40年間ランニングを継続している藤原さん。大学では陸上部に所属しアスリートを目指していたそう。現在は、スポーツシューフィッターとして多くの方のお悩みをランニングシューズを通して解決に導いています。

「ランニングシューズは常に進化しています。オリンピックなどトップレベルの競技大会とリンクしながら、どんどん新しいシューズが開発されている。生き物と同じようなものなのに、選ぶ側の知識が追いついていないのが現状です。流行や友人知人からのお勧めだけでなく、自分の状態に合ったものを選ぶという能動的な行動が良いシューズ選びに繋がります(藤原さん)」。

個々のニーズを汲み取り、それに合ったシューズを提案してくれるシューフィッター・藤原さんの目線から、ランナーのお悩みに対する最善のシューズを見ていきます。


■ビギナーランナーのお悩みから解決!

はじめは誰でも戸惑うもの。自分に合ったランニングシューズがわからない、お店に行ってもシューズの数が多すぎて、何を参考にしていいかわからないひとは、ぜひ参考にしてください。


【お悩み(1)】ランニングを始めたい。どんなシューズを選ぶのがいい?

<選ぶポイント>

お手頃な価格で合わせやすいシンプルなデザインはもちろんのこと、「スポーツ経験があるひとは、ペースを決めずに汗を流すのに最適なシューズを選ぶのがいいと思います。(この2足は)軽さや通気性を兼ね備えているので快適です。クッション性は最大ではないものの、フィット感や地面との接地感は走っている感覚を得やすいので、ランニングの楽しさを感じられるのではないでしょうか(藤原さん)」ここで今回上がったのが、こちらの2足。


<おすすめシューズ>

・ナイキ ZOOM RIVAL FLY 2
「ユニセックスで小さいサイズから大きいサイズまで揃っているので、足の小さい男性にはぜひ選択肢に入れていただきたいシューズです。サイズが小さいながらも足周りの大きさはある、というひとにも対応していて、レーシングフラット(シューズの重量とソールの構造を最小限に抑えたもの)でインターバルにも向いています(藤原さん)」

ランニングの最後にスピードを出すという使い方もできるため、使用できるシーンが多いのもうれしい。


・アディダス ADZERO RC 3


前モデルであるADZERO RC 1、2は、藤原さんもトラックレースや10kmレースで着用経験があるシューズ。

「レーシングラスト(スピード走行に適した靴型のこと)でフィット感が良く、感触がいいところが特徴です。テンポを上げて走れるので、走り始めたばかりの方も、ランニングの気持ち良さを体感しやすいのがいいですね(藤原さん)」


【お悩み(2)】ダイエットしたい。ランニングでダイエットをしたいときはどんなシューズが最適?

<選ぶポイント>

「運動を始めたばかりのひとは、身体の中で燃焼させるエネルギーが糖質に偏りがち。脂質をうまく使える身体にするために、テンポアップというよりはウォーキングに近いゆっくりのペースである程度長く走ることが必要だと考えます。(藤原さん)」

そういったランニングには、重心移動が活発でない動作を促してくれるシューズがおすすめ。


<おすすめシューズ>

・ホカオネオネ CLIFTON 7


「軽量でクッション性が高く、重心移動を促進してくれるオーソドックスなビギナー用シューズ。体重が及ぼす足元への影響も緩和してくれるので、ランニングとウォーキングを組み合わせ、まずは走る技術を身に着けて、長く走り続けたい方におすすめです(藤原さん)」

クリフトンの特徴である”柔らかさと軽さ”がさらに高まったシューズは、アキレス腱にかかる圧力も和らげてくれるとのこと。


・アシックス EvoRide 2


「走行効率が高いテンポアップにも使えるシューズ。身体の揺れを使ってエネルギー消費を抑制してくれるので、長く気持ちよく走り続けることが可能です(藤原さん)」

走行効率性と軽量性を兼ね備えた、EvoRideのNEWモデル。よりスピードを求める方におすすめ。


【お悩み(3)】少しずつランニングが楽しくなってきた。シューズをアップデートしたい!

<選ぶポイント>

「テンポアップシューズでより軽やかに快適に走ることで、スピードと快感の両方を味わえるシューズが楽しいのではないでしょうか。オールラウンドに使えることも、ジョグやスピード練習などいろんな走り方が楽しめていいと思います(藤原さん)」

ペースを使い分けながら走るのであれば、シューズの使い分けが必要。より反発性があってテンポアップに向いているシューズを紹介します。


<おすすめシューズ>

・ニューバランス FUELCELL REBEL


フィット感のあるアッパーと、蹴り出しの際に弾むような推進力をもたらしてくれるシューズ。

「ニューバランスのレーシングモデルの中で一番いいシューズだと僕は思います。着地したときに足が外に傾いてしまうのを防いでくれる、独特な前足分の構造になっているのが特徴です(藤原さん)」


・オン CLOUD FLOW


「屈曲が柔らかく、Helionが搭載されてからはより反発性も高まったので、ペース走で使うと感触がとてもいい。前モデルもまだ市場に出ていますが、最新のものがおすすめです(藤原さん)」

オールラウンダーなシューズなので、日々トレーニングを積み上げたいときに最適な一足です。


<その他おすすめシューズ>

・ナイキ AIR ZOOM PEGASUS 37

⇒AIR ZOOM PEGASUS 37 のレビュー記事はこちら


これまでいろんなシューズを見て体験してきた藤原さんのアドバイスは参考になるものばかり。レベルアップする段階でシューズを見直すと、よりランニングが楽しくなることも教えていただきました。 後編 は中上級者向け、気になるあの最新シューズの紹介も含めた内容でお送りします!


シューフィッターがナビゲートするシューズ選びのお悩み解決 — あなたのランニングマインドとは。【後編・中上級者向け】はこちら

 

SEARCH フリーワード検索