フリーワード検索

running2019.06.20

2019 ナイキ ズーム シリーズ続々リリース

ナイキはあらゆるのランナーのニーズに応えるため、既に発売されているナイキ エア ズーム ペガサス 36をはじめとした、2019ナイキ ズーム シリーズをリリースする。トレーニングとレーシングに向けた複数のモデルで構成されるナイキ ズーム シリーズでは、快活に走れるフルレングスのナイキ ズーム エアや、反発性に優れたナイキ ズーム X フォームなどのナイキ ズーム テクノロジーにより、それぞれの用途に最適で、ユニークなランニング体験を提供します。

2019ナイキ ズーム シリーズは、人間の目に最も見えやすい色とされているネオングリーンの色合いで登場。デザイナーたちは、ナイキ独自のネオンカラーを生み出し、ナイキ ファントム グローとネーミング。この色の化学的組成が、ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%ではエネルギッシュな光を発するような効果を生み出しています。このほかのシューズでも、このネオングリーンの濃淡様々な色合いを用いて、ロードでしっかりと目立つように仕上げています。


■TRAIN FAST - 速さのためのトレーニングシューズ

ナイキ エア ズーム ペガサス 36


ナイキのベストセラーであるランニングシューズが、アッパーを大胆に新しくして戻ってきました。このモデルのアッパーでは、エンジニアードメッシュに小さな穴を開けることで、前足部やアーチなどの熱がこもる部分の通気性を高めています。中足部に露出させたフライワイヤーケーブルが、スピードを上げたときにもしっかりと足をサポートしてくれます。かかとの履き口やシュータンはスリムになり、これまでより快適かつ足なじみの良いフィットを提供します。ミッドソールには、前モデルのナイキ エア ズーム ペガサス 35で導入されたフルレングス ズーム エア ユニットが引き続き使われており、エアユニットを包むクシュロンフォームと共に、反発性とクッション性を感じるスムーズなライド感を提供します。

[ 関連記事  ナイキ「エア ズーム ペガサス35」をレビュー ~初心者から経験豊富なランナーまで~ ]


ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2


ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%のような感覚を、毎日のトレーニングでも味わえるナイキ ズーム ペガサス ターボの最新モデルは、半透明の素材と隆起のあるメッシュの活用によって軽量かつスマートなアッパーになりました。中足部のバンドが、ハイスピードのときにも足をしっかりとシューズに固定させます。


■RACE FAST – 速く走るためのレーシングシューズ

ナイキ ズーム フライ 3


ウイメンズのナイキ ズーム フライ 3には、今回初めて、ウィメンズモデル専用のアーチを高めにした柔らかめのソックライナーを使用しています。メンズ、ウイメンズ共に、半透明で軽量なアッパーと新しいアーチバンドレーシングシステムが採用され、調整可能なフィット感を提供します。ミッドソールでは柔らかく良く弾むナイキリアクトが反発性に優れたクッションを提供し、シューズに内蔵されたフルレングスのカーボンファイバープレートが推進力を感じさせます。シューズのオフセット(かかとと前足部のソールの厚みの差)によってアキレス腱への負担を最低限に抑え、ソールの厚みが長距離を走る足を衝撃から守ります。
研究所でテストした結果、ナイキ史上屈指の速さと効率の良さを誇るシューズに仕上がりました。

[ MOVIE Fast Pack(ナイキ エア ズーム ペガサス 36、ナイキ ズーム フライ 3)]


リリースされるナイキ ズーム シリーズの中からアルペングループが特に注目しているのが、既にリリース済みの「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」。今回ナイキ エア ズーム ペガサス 36のレビューを実施。詳細は下記記事をチェック!!

[関連記事  ナイキ「エア ズーム ペガサス36」をレビュー~ペガサス36は買いか?検証 ]


2019年のナイキ ズーム シリーズのうちナイキ エア ズーム ペガサス 36は発売中。残りのナイキ ズーム ペガサス ターボ 2はスポーツデポ、アルペンの一部店舗、ナイキ ズーム フライ 3はスポーツデポ、アルペンの各店舗(一部お取扱いの無い店舗がある場合がございます、予めご了承ください。)で、7月4日以降順次取り扱いを開始。この機会にぜひ、ご検討ください。

BUY NOW

RANKING ランキング


SEARCH フリーワード検索