フリーワード検索

outdoor2019.09.12

人気急上昇!!ソロキャンプの魅力 ~女性編~

1人カラオケや1人焼肉など、1人行動を楽しむ「おひとりさま女子」が増えている昨今、女子ソロキャンプの人気も高まって来ています。複数で男性主導のイメージの強いキャンプですが、女子ソロキャンプの魅力とは一体どこにあるのでしょうか?ご自身がソロキャンパーであり、女性向けアウトドアメディア「なちゅガール」の編集長でもある森風美さんにお話を伺いしました。

 

【目次】
■そもそも女子ソロキャンプって何?
■女子ソロキャンプの魅力とは?
■女子ソロキャンプで選ぶべき道具を教えて!
■女子ソロキャンプのご飯ってどうしてるの?
■女子ソロキャンプで気をつけることって?
■これからソロキャンプを始めたい女性に!



■そもそも女子ソロキャンプって何?
女子ソロキャンプとは、その名の通り女子がソロ、つまり1人でキャンプに行くことです。これまで男性中心だったキャンプですが、アウトドア好きな女子を中心に、女子ソロキャンパーが増えたことによって、おしゃれで可愛い道具が発売されたり、女性1人でも立てやすいテントが開発されたりと、女子ソロキャンプを始めやすくなってきているんです。



1人で好きな時にキャンプ場へ行き、お気に入りのテントや道具を並べて、好きなものを食べ、焚き火を楽しみ、好きな時に寝る。そんな全てが自由なソロキャンプは、自然という非日常な場所でリフレッシュすることができる休日の過ごし方として、アウトドアをしたことがない日頃忙しい女子の間でも、話題になりつつあります。


■女子ソロキャンプの魅力とは?
女子ソロキャンプの魅力とは、やっぱり何と言ってもその自由度にあります。友達と一緒に行くキャンプでは、前もって予定を合わせなくてはいけませんが、1人なら思い立った時にすぐ行けます。



キャンプ道具も「寝袋は全員が持っているか」「誰がテント係でどのテントに何人寝るか」といった打ち合わせも必要がなく、むしろ、自分のお気に入りの道具でテントを飾り付けて、写真を撮る楽しみも。食材の買い出しでも、自分の好きなものだけを1人分だけ買えばいいし、夜も眠たくなったら好きなタイミングで寝られます。みんなでワイワイ行くキャンプも、協力したりおしゃべりしたりととっても楽しいですが、ソロキャンプなら周りに気を使うことなく、自分のペースで自由に過ごせます。


■女子ソロキャンプで選ぶべき道具を教えて!
衣食住すべて1人で用意しなければならない女子ソロキャンプでは、軽くてコンパクトな、使いやすい道具が人気。慣れてしまえば、大きいテントも短時間で建てられるようになりますが、始めたての時には女子1人でも建てやすい1〜2人用のテントを選びましょう。登山用のテントも、軽量かつコンパクトなのでおすすめです。



最近ではポップアップテントや空気式テント、ワンタッチテントなど、初心者でも簡単に建てられるテントも多く発売されています。一度キャンプ用品店に実物を見に行って、女性店員さんに聞いてみるのが、いい道具選びの近道かもしれません。
でも、何よりも大事にして欲しいのは見た目が気にいるかどうか。せっかく買ったキャンプ用品も、見た目が気に入らなければ使わなくなってしまうもの。「この道具をキャンプ場で使ってみたい!」と思うものがあったら、多少高くても多少不便でも、愛着が湧いて自分にとって1番いい道具になりますよ!



[関連記事  女子キャンプにオススメ!!可愛いだけじゃない!便利で実用的なアイテム。 ]


■女子ソロキャンプのご飯ってどうしてるの?


キャンプだからと行って本格的な調理をする必要がないのも女子ソロキャンプの魅力。コンビニのお弁当やカップラーメンでもよし。近くのご飯屋さんに行って食べるのもよし。反対にキャンプでしかできない焚き火料理にチャレンジしてみるのもよし。食べたいものを自由に食べればいいんです。ご飯を作る時にはバーナーを持っていけば、キャンプ場でも家と同じように調理ができます。ちなみに、ソロキャンプでの料理は、なるべく調理時間や洗い物を少なくするのがおすすめ。野菜の下洗いや皮むきなどの下準備をあらかじめ家で済ませておくと、よりキャンプの時間を楽しむことができます。さらに余分な食材を痛ますこともなく、ゴミを減らせて一石二鳥ですよ!



[ 関連記事  お洒落で美味しいキャンプ飯を作ろう!vol.3 メスティンで簡単!カオマンガイの作り方 ]
[ 関連記事  お洒落で美味しいキャンプ飯を作ろう!vol.4 ひとりでも贅沢に!ソロBBQのコツ! ]


■女子ソロキャンプで気をつけることって?
女子がソロキャンプをする時に気をつけるべきポイントは「トラブルを避ける」という一点のみ!突然のトラブルに対応できるようになるのももちろん大事ですが、最初からトラブルに巻き込まれないように自分を守ることが大事になります。



例えば、食べ終わったご飯を放置したまま寝ると、夜中に動物がやってきてテントの周りをウロウロします。寝ている間にガサガサ外から音がしたら安眠なんてできません。しっかり後片付けをしてから寝るようにしましょう。
他にも天候が悪くなりそうな時には無理をしてキャンプに行かない、体調がよくない時には無理をしないなど、書き出してみると当たり前のことですが、日程変更してもまたすぐにキャンプに行けるのがソロキャンプ。普通のキャンプよりも少し臆病になった方が、最終的には安全で楽しいキャンプができます。

また、キャンプ場選びでも、複数人で行くときには景色の綺麗なところや観光地の近くに行きたくなりますが、女子ソロキャンプでは管理人さんの常駐しているキャンプ場やファミリー層の多いキャンプ場を選ぶようにしましょう。

[ 関連記事  ソロキャンプも怖くない!!女子におすすめなキャンプ場 「TINY CAMP VILLAGE」 ]


■これからソロキャンプを始めたい女性に!
女子ソロキャンプには、いままで知らなかった本当に自由な時間があります。もちろん、最低限のルールやマナーはありますが、キャンプ場での過ごし方には正解も不正解もありません。本を読んだりお昼寝したり、普段の家での休日と変わらない過ごし方をしても、自然の中という非日常感がなんだかワクワクさせてくれるんです。



女子ソロキャンプに興味を持っているけど、それでも本当に自分1人で泊まれるのか不安に思っている方は、まずは日帰りのデイキャンプやピクニックなど、段階を踏んでソロでのアウトドアに挑戦してみるのがおすすめ。他にも、友達と同じキャンプ場で少し離れた場所でそれぞれソロキャンプしてみるなど、自分のペースでソロキャンプ女子デビューしてみてくださいね!


【インフォメーション】
「なちゅガール」 https://natu-girl.com/

BUY NOW

RANKING ランキング


SEARCH フリーワード検索